読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

まるで白ワイン!?『加茂錦 黄水仙』

K’s MENU Note

FILE 10

新潟『加茂錦  荷札酒  黄水仙  純米大吟醸 生酒』

日本酒つながりでもう一品、紹介します。

f:id:kimama2016:20170408091203j:plain

「荷札酒」は加茂錦の若き次期蔵主が杜氏として醸したお酒。(ラベルが特徴的です)「黄水仙」はアルコール度13度ながら、しっかりしたボディのお酒です。

飲んだ印象は・・・「白ワイン?」と間違うほどのフレッシュな酸味と甘み、そして微発泡感。日本酒でありながら、食事に合わせるというよりは、食前酒として楽しみたい。そして是非ワイングラスで頂きたいところですね。

いや~、日本酒も色々ありますね~!ちょっと変わった日本酒ばかり紹介していますが、もちろん普通の日本酒もありますよ(笑)ちなみに黄水仙は残り僅かです。一期一会ということで。

(追記)

4月20日、完売しました。

甕仕込みの日本酒『満寿泉 カメ一号 無濾過生酒』

 K’s MENU Note

FILE 9

富山『満寿泉  カメ一号  無濾過生酒』

もう一本、ちょっと変わった日本酒が入荷してますのでご紹介します。

スペックは純米吟醸原酒です。大甕で仕込んだ日本酒はどんな味になるのか?そんな興味で仕入れました。焼酎にはよく「甕壺仕込み」なるものを見かけますが、日本酒では見ないですね~。かなりのクセ者か?? 

 

テイスティングをしてみたところ、クセ者感は無いですね。フルーティーで、無濾過生酒の割りにはすーっ、と滑らかな感じです。 旨みはありますが、思ったより酒質が軽やかな印象でした。

 

前出の玉川があまりにも強烈だったために、少々薄い印象になりました。甕感というか、何か新しい日本酒の世界に出会えるのではないか、と期待値のハードルが上がってしまったのも、不利な要素だったようです。そういったイメージを抜きにすれば、十分に美味しいお酒だと思います。

 

こんな印象的なラベル(文字)です。f:id:kimama2016:20170407002105j:plain

常連Mさん「力人105ですか?」・・・確かに。