K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『加茂錦 黄水仙』まるで白ワイン!?フレッシュでフルーティーな日本酒です。

K’s MENU Note

FILE 10

新潟『加茂錦  荷札酒  黄水仙  純米大吟醸 生酒』

 

日本酒つながりでもう一品、紹介します。

f:id:kimama2016:20170408091203j:plain

「荷札酒」は加茂錦の若き次期蔵主が杜氏として醸したお酒。

「荷札」に見立てたラベルが特徴的です。

黄水仙」はアルコール度13度ながら、しっかりしたボディのお酒です。

 

飲んだ印象は…。

「白ワイン?」と間違うほどのフレッシュな酸味と甘み、そして微発泡感。

日本酒でありながら、食事に合わせるというよりは、食前酒として楽しみたい。

そして是非ワイングラスで頂きたいところですね。

 

いや~、日本酒も色々ありますね~!

変わった日本酒ばかり紹介していますが、もちろん普通の日本酒もあります(笑)

ちなみに黄水仙は残り僅かです。一期一会ということで。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

(追記)

4月20日、完売しました。

『満寿泉 カメ一号 無濾過生酒』甕仕込みの日本酒は、どんな味になるのだろう?

 K’s MENU Note

FILE 9

富山『満寿泉  カメ一号  無濾過生酒』

 

もう一本、ちょっと変わった日本酒が入荷してますのでご紹介します。

 

スペックは純米吟醸原酒です。

大甕で仕込んだ日本酒はどんな味になるのか?そんな興味で仕入れました。

焼酎にはよく「甕壺仕込み」なるものを見かけますが、日本酒では見ないですね~。

かなりのクセ者でしょうか?? 

 

テイスティングをしてみたところ、クセ者感は無いですね。

フルーティーで、無濾過生酒の割りにはすーっ、と滑らかな感じです。

旨みはありますが、思ったより酒質が軽やかな印象でした。

 

前出の玉川があまりにも強烈だったために、少々薄い印象になりました。

甕感というか、何か「新しい日本酒の世界」に出会えるのではないか?

そんな期待が膨らんで、ハードルが上がってしまいました。

そういったイメージを抜きにすれば、十分に美味しいお酒だと思います。

 

こんな印象的なラベル(文字)です。

f:id:kimama2016:20170407002105j:plain

常連Mさんがラベルを見て一言。

「力人105ですか?」

…確かに。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

『玉川』これは凄い!アルコール度数20%超!強烈なインパクトの、最強の山廃純米酒。

Kimama MENU Note

FILE 8

京都『玉川 自然仕込 山廃純米 白ラベル 無濾過生原酒』

 

今までシングルモルトばかり紹介してきましたが、他にもお酒は色々あります。

一番出るのは、やっぱり生ビール。次はハイボールですかね。

今回はちょっと方向を変えて、日本酒を紹介しようと思います。

 

日本酒のメニューは、常時10品ほど。

決まったアイテムはなく、常に入れ替えていますので、ある意味、一期一会ですね。

 

過去に取り扱った商品を紹介できないのは残念ですが…、

これから仕入れる商品は随時紹介していきます。

基本は純米、純米吟醸

更に最近は無濾過生酒のようなタイプを好んで仕入れています。

 

今回、紹介するのは、今まで仕入れた中でも超個性派の日本酒です。

f:id:kimama2016:20170405235925j:plain

「玉川 自然仕込 山廃純米 無濾過生原酒」

白ラベル(完全発酵)とも言われます。

 

自然の力でどこまでアルコール度を高められるかチャレンジしたお酒。

アルコール度数は驚愕の21~22%!

とにかくインパクトが強く、他の日本酒には無い複雑で濃厚な味わいです。

それでいてマスカット様のフルーティーさも感じられますね。

その強烈なインパクトが徐々に旨みに変わってくる不思議な感覚。

 

通の方におすすめします。

普通の日本酒に飽きた方、パンチのあるお酒を飲みたい方にはおすすめです。

一般的な日本酒ユーザーの方には難しいかもしれません。

常連さんにコアな日本酒マニアがいるので、その方におすすめしようかな。

 

とにかく「今まで出会った日本酒の中で、最もインパクトの強いお酒」です。

でも…、飲んでるとクセになる。

旨みが深いですね~。

まさに最強の山廃純米酒

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

(追記)

4月21日、売り切れました。