K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

日本酒(東北・関東)

『大那』大いなる那須の大地に育まれたお酒。今回は、スッキリ飲める「超辛口純米」。

K’s MENU Note FILE 191 栃木『大那 超辛口純米』 人間って「力」を持つとダメですね~。 必ずといっていいほど腐る。 いわゆる「内部告発」で出るは出るは。 日大アメフト部、レスリング協会、ボクシング協会、東京医科歯科大…。 官僚の不祥事も後を絶た…

『陸奥八仙 芳醇超辛』甘さと辛さを兼ね備えた、濃厚なお酒だが…。

K’s MENU Note FILE 189 青森『陸奥八仙 芳醇超辛 純米火入れ』 台風が近づいております。 週末予定されていたイベントの多くは、中止もしくは延期を余儀なくされました。 関係者にとっては死活問題でしょう。 自然状況により左右されるビジネスは、一考…

『鳳凰美田』口いっぱいに広がる、ジューシーでフルーティな味わい。

K’s MENU Note FILE 185 栃木『鳳凰美田 純米吟醸 亀の尾 無濾過本生』 しかし…、暑い。 暑さには比較的強い体質なのだが、さすがに堪える。 今日は40℃近い予報も出ている。 この先、地球はどうなってしまうのだろうか? こんな状況ならば原発をフル稼働…

『蔵守』澤乃井の酒蔵が造る、優しい味わいの熟成酒。今回は「番外編」です。

K’s MENU Note 番外編 東京『蔵守』 前回の記事で「超長期の熟成純米酒」を紹介したところ…、 偶然にもお店の10周年のプレゼントに、やはり2000年醸造の長期熟成酒を頂きました。 今回はこちらのお酒を「番外編」として紹介します。 「熟成 蔵守」 造るのは…

『墨廼江』宮城の酒米「蔵の華」で仕込んだ、オール宮城の純米吟醸酒。

K’s MENU Note FILE 181 宮城『墨廼江 純米吟醸 蔵の華』 「もはや梅雨明け?」と感じるほど暑い日が続く東京地方。 と思っていたら、関東甲信越が梅雨明けしたとの報道が…。 6月中の梅雨明けは「史上初」だそうです。 早く梅雨明けしたということは…、 …

『鯉川』そっと寄り添ってくれるような、なんとも優しいお酒です。

K’s MENU Note FILE 171 山形『鯉川 純米吟醸』 前回の記事で書いた通り、お店の冷凍冷蔵庫が不調に。 今週はその対応に忙殺されております。 どうにか行きつけの中古屋さんで、適当なものを見つけて購入。 明日の定休日に搬入予定です。 心身ともに消耗…

『ばくれん』名前もラベルもインパクト大。「くどき上手」の蔵が造る、超辛口の吟醸酒。

K’s MENU Note FILE 169 山形『くどき上手 ばくれん 超辛口吟醸 生酒』 大相撲、5月場所が終わりました。 鶴竜が2場所連続の優勝。 そして栃ノ心の大関昇進が決定。 おめでとうございます。 いろいろ問題がありましたが、連日の満員御礼。 この相撲人気に…

『秀よし とろとろと』”どぶろく”を思わせるにごり感。「飲みもの」を超越する”とろとろ”さ。

K’s MENU Note FILE 163 秋田『秀よし 純米酒原酒 とろとろと』 GWが明けて急に寒くなりました。 そして天気は荒模様。 タンスにしまい込んだアウターを引っ張り出して…。 夜は思わず熱燗をチビチビ…。 東京で5月に最高気温が15度を下回るのは10年振りと…

『栄光富士』知り合いのお店で出会った、精米歩合33%の純米大吟醸。まさにプラチナの如し。

K’s MENU Note 番外編 『知り合いの店で頂いたお酒』 最近、お店の常連さんが会社を退職しました。 いわゆる「早期退職」というやつです。 サラリーマン生活、29年間。 (「教師生活、25年…」より長いではないか…。) 自分と同年代。今後は未定とのこと。 何…

『磐城 寿』東日本大震災から再起した「海の男酒」。 人々の縁や絆を感じるお酒です。

K’s MENU Note FILE 147 山形『磐城 寿 純米酒』 今日は3月11日。東日本大震災から丸7年が経ちました。 この日にぜひ紹介したいお酒があります。 磐城 寿 純米酒 です。 元々は福島県浪江町にあった「鈴木酒造店」。 東日本大震災で大きな被害を受けまし…

『羽水 純米 おりがらみ』羽のように軽く、水のように透明な、なんとも優しいお酒です。

K’s MENU Note FILE 138 栃木『羽水(うすい)純米 おりがらみ』 比較的のんびりとしたスタートになった平成30年。 新年会もほとんど無くて心配していたのですが…。 1月25日の給料日を境に空気が一変。 2月最初の週末も予想以上に賑わいました。 忙しいの…

『一白水成 ささにごり』 瑞々しい果実を連想させる、フレッシュで躍動感あふれる味わい。

K’s MENU Note FILE 137 秋田『一白水成 特別純米 ささにごり』 1月もついに最終日。 あっという間の1ヶ月でした。 やろうと思っていたことが、できたような、できなかったような…。 お店も全体的にヒマでしたが、最後の最後に少し忙しくなったりして…。 …

『角右衛門』幻の米「亀の尾」を使った特別純米酒。まっすぐな味わいが魅力です。

K’s MENU Note FILE 125 秋田『角右衛門 特別純米 亀の尾』 日本酒の紹介が続きます。 ウチの店では、日本酒は随時、銘柄が入れ替わります。 さらに日本酒党の常連さんが多く、売り切れるペースが速い。 売り切れてしまうとテイスティングできないので、…

『いづみ橋 大雪にごり』この季節にぜひ飲みたい。雪に見立てた多めの「にごり」が特徴です。

K’s MENU Note FILE 124 神奈川『いづみ橋 活性純米 にごり酒』 今日は朝からショッキングなニュースが飛び込んできました。 「岡田准一と宮崎あおいが遂に結婚へ」 以前、交際報道はありましたが、正式に結婚となるとちょっとショックです。 一度結婚で…

『鏡山 純米吟醸』蔵の町、小江戸川越に復活した酒蔵。米の旨みが濃厚です。

K’s MENU Note FILE 116 埼玉『鏡山 純米吟醸 生酒』 今、相撲界はいろいろあって揺れています。 それでも白鵬は揺るがずに40回目の優勝。おめでとうございます。 今回の騒動があって久しぶりに相撲を見たら、知らない力士が大勢いました。 あれ?把瑠都…

『山本 潤黒 Pure Black Yamamoto』秋田「ネクスト5」の一角。漆黒のボトルがインパクト大。

K’s MENU Note FILE 114 秋田『山本 潤黒 Pure Black Yamamoto』 しばらくウイスキーが続きました。今回は久しぶりに日本酒の紹介です。 「白瀑(しらたき)」で知られる、山本合名さんの新ブランド「山本」。 秋田の「NEXT5」のひとつです。 以前「一白…

『千峰 天青』神奈川県、茅ヶ崎のお酒です。茅ヶ崎のイメージといえば〇〇だが…。

K’s MENU Note FILE 106 神奈川『千峰 天青 純米吟醸 雄町』 最近、お客様の言葉に「ん?」と感じることがあります。 飲食店なのでどうしても来店やオーダーが集中する時間があります。 そんなタイミングで来店があった時は「料理を出すのに時間がかかる…

『あぶくま 純米吟醸』「雄町」らしさを感じて見たい、会津福島の地酒です。

K’s MENU Note FILE 105 福島『あぶくま 純米吟醸 雄町』 めっきり寒くなりました。寒くなると人の動きも鈍くなるものです。 雨の日も多くて、今月はかなり苦戦を強いられました。 週末はすこし予約がありますので、ちょっとだけ期待してます。 さて、今…

『日高見』宮城県の港町「石巻」のお酒です。やっぱり魚介類との相性が抜群ですね。

K’s MENU Note FILE 94 宮城『日高見 純米酒』 2回続けて東北、宮城のお酒です。 宮城県石巻市にある平孝酒造さんの「日高見」。 「石巻」について少々。 北上川の河口に開けた港町、石巻。 三陸海岸で水揚げされる新鮮な魚介類、そして震災での大きな被…

『蒼天伝』震災から復活した「気仙沼」のお酒。飲むことで応援できたら嬉しいです。

K’s MENU Note FILE 93 宮城『蒼天伝 純米酒』 今日は宮城の日本酒です。 メインブログで書きましたが、先月のドライブ旅行の際に購入したお酒です。 kimama2016.hatenablog.com 店売り用として購入しましたが、残り僅かなので無くなる前に書いておきます…

『水芭蕉』大自然を表現した「美しく綺麗な」酒造り。今回は「ひやおろし」です。

K’s MENU Note FILE 89 群馬『水芭蕉 純米吟醸 ひやおろし』 「ひやおろし」の季節になりました。 最初に紹介するのはこちらのお酒。 群馬県永井酒造が造る「水芭蕉」。 同蔵では「谷川岳」という銘柄もあります。 群馬県の最北部に位置する川場村に蔵はあ…

『ゆきの美人』全量「雄町」で仕込んだ純米吟醸酒。あの「山田錦」もこの米から生まれたのです。

K’s MENU Note FILE 79 秋田『ゆきの美人 純米吟醸 雄町』 今回は、つい先日売り切れてしまった日本酒を紹介します。 「ゆきの美人 純米吟醸 雄町」 ゆきの美人は、以前「純米大吟醸」を紹介しました。 kimama2016.hatenablog.jp 「雄町」は酒造好適米のひ…

『墨廼江』震災を乗り越えて甦る、清麗で気品溢れる「石巻のお酒」。

K’s MENU Note FILE 69 宮城『墨廼江(すみのえ)純米吟醸 中垂れ』 今日は新しい日本酒を紹介します。 震災を乗り越えて・・・ 東日本大震災で大きな被害を受けた「石巻」にある墨廼江酒造。 人的被害は免れたものの、醸造機器類は壊滅状態になりました。…

『ゆきの美人』小さな蔵元が造り出す、フレッシュで爽やかな食中酒。

K’s MENU Note FILE 64 秋田『ゆきの美人 純米大吟醸』 最近、常連さんの好みもあって、発泡感のある日本酒をよく仕入れます。 このお酒も「微発泡」。 舌にピリピリッとくる感じが新鮮です。 「ゆきの美人」の秋田醸造さん。 以前、「一白水成」の記事で…

『宮寒梅 純米吟醸45』じっくりと味わいたい「一杯で旨い酒」。

K’s MENU Note FILE 51 宮城『宮寒梅 純米吟醸45』 前出の日本酒党の常連さん。 本格焼酎にシフトしつつありますが、日本酒を一杯(100ml)だけ飲まれます。 量を制限しているので、以前よりじっくり味わって飲まれている印象を受けますね。 今回、飲ま…

『一白水成』秋田県で、次世代を担う「ネクスト5」。無濾過原酒へのこだわり。

K’s MENU Note FILE 44 秋田『一白水成 青ラベル 純米吟醸』 今日は新しい日本酒を開栓しましたので紹介します。 「一白水成」とは・・・ 白い米と 水から 成る 一番旨い酒、の意味だそうです。 使用米は、秋田県産美山錦。 精米歩合60%、日本酒度+3、酸…