K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『オークマイスター 樽薫る』ハイボールに最適。コストパフォーマンスも良好です。

K’s MENU Note FILE 149 キリン 『オークマイスター 樽薫る』 お店で一番出るお酒は「生ビール」。 その次に出るのが「ハイボール」です。 「ハイボール」といえば「ウイスキーの炭酸割り」というイメージですが、もともとはスピリッツなどのアルコール類…

『富乃宝山』都会的で洗練された味わい。芋焼酎のイメージを一変させた、革新的な一本。

K’s MENU Note FILE 148 芋焼酎『富乃宝山』 今回はプレミアム芋焼酎として有名な「富乃宝山」を紹介します。 「富乃宝山」を造るのは、鹿児島県で1845年に創業した「西酒造」さん。 ホームページのクオリティが凄いです。 こと細かく書かれているので、…

『磐城 寿』東日本大震災から再起した「海の男酒」。 人々の縁や絆を感じるお酒です。

K’s MENU Note FILE 147 山形『磐城 寿 純米酒』 今日は3月11日。東日本大震災から丸7年が経ちました。 この日にぜひ紹介したいお酒があります。 磐城 寿 純米酒 です。 元々は福島県浪江町にあった「鈴木酒造店」。 東日本大震災で大きな被害を受けまし…

『ブラントン』ボトルキャップが独創的な、唯一無二のシングルバレル・バーボン。

K’s MENU Note FILE 146 『BLANTON'S SINGLE BARREL』 先日のお客様との会話。 マスター 「馬って草しか食べないのに、なんであんなに筋肉があるんだろう?」 Mさん 「草の根とかにたんぱく質があるんじゃない?あと木の実とか豆類も食べるでしょ。何なら…

『扶桑鶴 純米にごり酒』ひなまつりには「白酒」、飲み屋には「にごり酒」がよく似合う。

K’s MENU Note FILE 145 島根『扶桑鶴 純米にごり酒』 昨日は「ひな祭り」でした。 「ひな祭り」と言えば「白酒」。 「白酒」と言えば「にごり酒」?? 無理やりこじつけて、今回はにごり酒を紹介します。 ・・・・・ 常連さんに「M」さんという方がいら…

『ロイヤル ロッホナガー12年』王室御用達のスコッチ。その味わいは高貴な女性を思わせます。

K’s MENU Note FILE 144 『ROYAL LOCHNAGAR 12』 2月も終わりましたね。 今年の2月は、例年になく忙しい日が多かったです。 最終日の昨夜もそこそこの規模の宴会がありました。 なぜ忙しいのかは…、正直、よく分かりません。 寒すぎて「飲まなきゃやって…

『鷹勇 超辛口純米』すっきり辛口の高精白純米酒。安心して飲める一本です。

K’s MENU Note FILE 143 島根『鷹勇(たかいさみ) 超辛口純米』 日本酒に何を求めるか? これは人それぞれです 旨みか?キレか?香りか?料理との相性か? お客様にもいろいろな方がいらっしゃいます。 今回、紹介するのは、島根県の辛口純米酒「鷹勇」…

『雁木(がんぎ) 純米 無濾過生原酒』 酸が印象的な、山口県岩国市のお酒です。

K’s MENU Note FILE 142 山口『雁木 純米無濾過生原酒』 最近、更新のペースが落ちてきています。 その理由は…。 このブログでは必ずテイスティングした感想を書いてます。(カクテルなら試作も。) その日の仕事に目途がついた時点で行うのですが…、 深…

『カミカゼ』アメリカで生まれた、ウオッカがベースのカクテル。なぜこのネーミング?

K’s MENU Note FILE 141 『KAMI-KAZE』 先日、かつて頻繁に来ていた若者グループが久しぶりにやって来ました。 若い人たちは環境の変化が激しいので、来られなくなることもしばしばあります。 以前、飲み屋に来なくなるパターンについて書いた記事です。 …

『シーバスリーガル ミズナラ12年』日本人向けにブレンドされた、日本限定のスコッチ。

K’s MENU Note FILE 140 『Chivas Regal MIZUNARA 12』 ここ数日、メインブログの過去記事のメンテナンスに終始しておりました。 店の営業が予想外に忙しかったのも影響して、久しぶりの更新になります。 さて、今回はブレンデッドスコッチの紹介なのです…

『茜霧島』柑橘系のフルーティーな風味が特徴。オレンジ?芋はどこへ??

K’s MENU Note FILE 139 芋焼酎『茜霧島』 株価が乱高下しています。 昨日はニューヨークダウの下落を受けて、東京市場でも1,000円を超える値下がり。 今日はダウが500ドル以上反発。半分戻した!? 東京も先ほど始まって、すでに600円高。半分以上戻す?…

『羽水 純米 おりがらみ』羽のように軽く、水のように透明な、なんとも優しいお酒です。

K’s MENU Note FILE 138 栃木『羽水(うすい)純米 おりがらみ』 比較的のんびりとしたスタートになった平成30年。 新年会もほとんど無くて心配していたのですが…。 1月25日の給料日を境に空気が一変。 2月最初の週末も予想以上に賑わいました。 忙しいの…

『一白水成 ささにごり』 瑞々しい果実を連想させる、フレッシュで躍動感あふれる味わい。

K’s MENU Note FILE 137 秋田『一白水成 特別純米 ささにごり』 1月もついに最終日。 あっという間の1ヶ月でした。 やろうと思っていたことが、できたような、できなかったような…。 お店も全体的にヒマでしたが、最後の最後に少し忙しくなったりして…。 …

『一代 弥山 おりがらみ』新酒ならではのフレッシュな味わいだが…。これは「おりがらみ」か??

K’s MENU Note FILE 136 広島『一代 弥山 純米吟醸 おりがらみ』 1月最後の週末も思ったよりは盛り上がらず、気温同様に寒い1か月になりました。 早く春になって、人々が冬眠から目覚めるのを願っています。 それでも土曜日には「日本酒好き」の若者?4人…

『みむろ杉 おりがらみ』この季節にこそ味わいたい、「おりがらみ」のフレッシュさ。

K’s MENU Note FILE 135 奈良『みむろ杉 純米吟醸 山田錦 おりがらみ』 みむろ杉、3回目の登場になります。 ウチの店としては、珍しいですね。 よく仕入れる理由は…、特にありません。 ホント、偶然というか、たまたまです。 kimama2016.hatenablog.jp k…

『タランチュラ アズール』爽やかなブルーと、クセのない甘さが特徴の、フレーバード・テキーラ。

K’s MENU Note FILE 134 フレーバード・テキーラ『TARANTULA』 メインブログからの続きになります。 kimama2016.hatenablog.com ドラマ「きみが心に棲みついた」の中で、吉岡里帆さん演じる主人公、小川今日子(キョド子=挙動不審)が、お酒を飲みに行く…

『オタール ナポレオン』上品な香りが魅力的な、上級規格のブランデーです。

K’s MENU Note FILE 133(裏メニュー) ブランデー/コニャック『OTARD NAPOLEON』 今回はひっそりと置いてあるブランデーを紹介します。 かなり前に入手したお酒で、メニューにはありませんが、希望の方にはお出ししています。 いわゆる「裏メニュー」っ…

『八幡』芋の風味をしっかり味わえる一本。「かめしこみ」にこだわる、手造り芋焼酎。

K’s MENU Note FILE 132 芋焼酎『八幡』 今回は久しぶりに本格焼酎を紹介します。 最近、知り合いの30代女性が来店されました。 その女性はどんなお酒でも飲まれる方なのですが、今日の肴は「いぶりがっこ」。 ↓これです。 それと一緒に「おすすめの芋を…

『ライ・ウイスキー』ライ麦が主原料の優しい味わい。お店にある2銘柄を紹介します。

K’s MENU Note FILE 131 『RYE WHISKEY』 日本酒の連鎖からようやく脱して、今回は久しぶりにウイスキーの紹介です。 最近ハイボールを注文する際、ウイスキーの銘柄を指定する女性のお客様が増えてます。 そんな中で、不思議とオーダーが被ったのがこち…

『美丈夫 純米吟醸 たまラベル』柑橘系の酸が魅力的な、飲み飽きしない食中酒。

K’s MENU Note FILE 130 高知『美丈夫 純米吟醸 純麗たまラベル』 成人の日を含む3連休も終わりまして、いよいよ2018年も本格始動といったところ。 世間はようやく平常のパターンに戻りそうです。 さて、このブログもすっかり「日本酒ブログ」化してきま…

『獺祭 純米大吟醸50』革新的な蔵がつくるスタンダードな一本。さて、その評価は?

K’s MENU Note FILE 129 山口『獺祭 純米大吟醸』 お正月が終わりましたが、早々にまた3連休。 さすがに皆さま、ここは大人しくしているところでしょうか。 ならば「成人の日」は以前の通り、1月15日で良いのでは? 飲み屋のマスターには、どっちにしろ関…

『七田 純米吟醸』ホタルの名所で育まれる、粉雪のように繊細なお酒です。

K’s MENU Note FILE 128 佐賀『七田 純米吟醸』 新しい年が始まりました。 平成になって30年目の年。 思えば平成の始まりは社会人1年目の1月でした。(年度は昭和63年度) 地元の食品スーパーに就職して「おせち料理」を扱う部門に配属。 右も左も分から…

『花巴 山廃純米酒』今年のお正月にセレクトしたお酒。燗映えする熟成酒。

K’s MENU Note FILE 127 奈良『花巴 山廃純米酒 山田錦』 年が明けました。 みなさま、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 このブログも書き始め、今日は大みそか~元日に飲んだお酒を紹介します。 セレクトしたのはこちらの…

『寒紅梅 遅咲き瓶火入れ』三重県の小さな蔵が生み出す酒は、冬に咲く紅梅のごとし。

K’s MENU Note FILE 126 三重『寒紅梅 純米吟醸50 遅咲き瓶火入れ』 いよいよ今年も大詰め。飲み屋の営業も本日でラスト。 今年の仕事納めは28日の方が多かったようです。 遅い時間まで大フィーバーしてました。 そしてこのブログは、まだまだ日本酒が…

『角右衛門』幻の米「亀の尾」を使った特別純米酒。まっすぐな味わいが魅力です。

K’s MENU Note FILE 125 秋田『角右衛門 特別純米 亀の尾』 日本酒の紹介が続きます。 ウチの店では、日本酒は随時、銘柄が入れ替わります。 さらに日本酒党の常連さんが多く、売り切れるペースが速い。 売り切れてしまうとテイスティングできないので、…

『いづみ橋 大雪にごり』この季節にぜひ飲みたい。雪に見立てた多めの「にごり」が特徴です。

K’s MENU Note FILE 124 神奈川『いづみ橋 活性純米 にごり酒』 今日は朝からショッキングなニュースが飛び込んできました。 「岡田准一と宮崎あおいが遂に結婚へ」 以前、交際報道はありましたが、正式に結婚となるとちょっとショックです。 一度結婚で…

『百十郎 赤面』歌舞伎役者の隈取をモチーフにしたラベルがインパクト大の一本。

K’s MENU Note FILE 123 岐阜『百十郎 赤面 純米酒』 このブログもそれなりに記事を書いてきました。 今回は、123番目の紹介になります。 「123」と言えば、アントニオ猪木を連想しますが…。 今年は、加藤一二三、阿部一二三と、ブレイクしましたね。 ま…

『黒龍 いっちょらい』「石田屋」の屋号を持つ、黒龍酒造の定番吟醸酒。

K’s MENU Note FILE 122 福井『黒龍 いっちょらい 吟醸』 Yahoo!ニュースを見ていたらこんな記事が。 withnews.jp 一杯目に飲むお酒として、ビールが減って、ハイボールが増えている。 また全般として、癖のない焼酎や、本物指向の日本酒、ワインが伸び…

『南 特別純米』四国、高知県の地酒。料理とともに味わいたい、辛口のお酒です。

K’s MENU Note FILE 121 高知『南 特別純米』 余談を少々。 「南」という名前を聞くと「朝倉南」を思い出す年代なのだが…。 それ以外に最近ちょっと気になる「南」ちゃんが…。 「法医学教室の事件ファイル」というドラマの中の登場人物。 愛介君の恋人で…

『手取川 冬林檎』果実感たっぷりのジューシーなお酒。個人的に、あるシーンが頭に浮かぶ。

K’s MENU Note FILE 120 石川『手取川 純米吟醸 冬林檎』 忘年会シーズンも真っ只中。2週目の週末を終えて、ひとやま超えた感じです。 忘年会は疲れます。飲み方が激しいし、荒れることが多い。 無事に終わるとホッとします。 そんな疲れた心と身体に染み…