K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ザ・マッカラン』シングルモルトのロールスロイスとも称される、まさにスコッチの王道。

Kimama MENU Note

FILE 5

『THE MACALLAN12』

 

今日は、「シングルモルトロールスロイス」とも称される、王道のスコッチ

「ザ・マッカラン12年」です。

f:id:kimama2016:20180416081656j:plain

このウイスキーサントリーが絡んでいて、スーパーでもよく見かけます。

正直、地元の食品スーパーなどで、シングルモルトはあまり売ってほしくない。

なんか陳腐化するというか、価値が下がって安っぽくなる気がするのです。

 

日本酒でも同様ですが…、

新潟の銘酒と言われた八海山や久保田、越乃寒梅など、普通にスーパーで売ってます。

それによって、商品価値が下がってしまった気がします。

 

芋焼酎の「赤霧島」もそうですね。

ドラックストアでも大量に売ってる。

製造元や問屋の方針もあるのでしょうが、いかがなものか、と感じざるを得ません。

 

・・・・・

 

すいません。話がそれてしまいました。

 

マッカランといって一番イメージされるのはシェリー樽熟成」でしょうか。

シェリー樽で熟成すると…、

赤みがかった濃い色合いになり、甘美な味わい、濃厚な酒質になると言われます。

 

シェリー樽フィニッシュ(後熟)」というモルトはよく見かけます。

しかし「オールシェリー樽熟成」というのはほとんど見られません。

「ザ・マッカラン12年」は、数少ない中のひとつ。

(実際は100%シェリー樽熟成ではないようですが…。)

 

f:id:kimama2016:20180416082454j:plain

 

マッカランにも色々な種類があります。

「ファインオークシリーズ」や、最近は「ダブルカスクシリーズ」が発売されています。

熟成年数も色々ありますが、店では、スタンダードな12年物を置いています。

ファインオーク12年もあります。

 

シングルモルトの中では一番有名なので、名前で注文される方も多いですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

・・・・・

(2018.4.16. 追記)

マッカラン12年も最近価格が高騰して、入手しづらくなっています。

需要増の影響か?

シェリー樽の不足か?

マッカランは自社でシェリー製造者に樽を供給しているそうだが…。)

 

「ファインオーク」や「ダブルカスク」に比べて、オールシェリー12年の価格が高い。

やはり「シェリー樽」の影響でしょうか?

 

「山崎」「マッカラン」と代表銘柄がメニューに入れづらくなるのは残念ですね。