K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『酔鯨 純米吟醸』南国、高知の辛口純米吟醸酒。実は、重要な役目があります。

K’s MENU Note

FILE 12

高知『酔鯨  純米吟醸  吟麗』

 

今日はわりと普通っぽい日本酒を紹介します。

ウチの店は日本酒にはいわゆる「定番」というものはありません。

以前も書きましたが「一期一会」でよいと思っているので、銘柄は常に入れ替わります。

それでも比較的、登場回数が多いのがこのお酒。

 

f:id:kimama2016:20170412014704j:plain

 

スペックは、精米歩合50%、日本酒度+7、淡麗辛口の純米吟醸酒です。

 

久しぶりにテイスティングしてみると…。

 

最近、無濾過生原酒のような、重厚な酒質のものばかり飲んでいた影響でしょうか。

スッキリ、さっぱり、軽やかなのですが、少々物足りない印象を受けました。

ただ、料理に合わせるならこちらでしょう。

シャープで引き締まった辛口の切れ味が、料理をしっかり引き立ててくれると思います。

 

・・・・・

 

このお酒は非常に幅広いユーザーに受け入れられますね。

メニューのラインナップに加えるには、とても安心感があります。

 

こういうお酒は重要ですよね。

どうしてもマニアックな品揃えになりがちな中で…、

行き過ぎを防止する、一種の手綱のような役目をしてくれています。

掛かり気味になったら、手綱を絞って下さいね(笑)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

(追記)

4月13日、今日もいい仕事をしてくれました。

年に3~4回来店される女性(南部美人純米吟醸がお好み)。

「おすすめのスッキリ系の日本酒を」とのオーダー。

今のラインナップは無濾過生原酒のような重厚タイプばかりで、さて困った。

でもコレがあれば大丈夫!

お帰りの際に「美味しかったです」頂きました。

Good Job !