K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ザ・マッカラン ファインオーク』異なる樽で熟成した原酒をヴァッティング。より爽やかに。

 K’s MENU Note

FILE 13

『THE MACALLAN  FINE OAK 12』

 

今日は普段あまり出ないウイスキーが出たので紹介します。

ウチの店は一応「居酒屋」で「BAR」ではありません。

ですので、ハイボールはよく出ますが、シングルモルトはあまり出ません。

 

今日のお客様も「たまには違うウイスキーを飲んで見ようかな」

という感じで注文されました。

そんな時、マッカランの名前は偉大ですね。

 

f:id:kimama2016:20180512075525j:plain

 

以前紹介したスタンダードのマッカランは(一応)オールシェリー樽熟成。

この「ファインオーク」は…、

ヨーロピアンオークとアメリカンオークのシェリー樽原酒と、

バーボン樽原酒をヴァッティングしています。

 

f:id:kimama2016:20180512075547j:plain

 

色は淡い琥珀色。スタンダード品より薄めです。

香りはシェリー香もありますが、メイプルシロップやバニラのような甘い香りがします。

味もスタンダード品と比べると、メイプルのような甘味がより感じられます。

このあたりがバーボン樽原酒の特徴なのでしょう。

それでもシェリー樽特有の風味はしっかり残っています。

 

加水すると、一気にフレッシュさが花開きます。

高原を吹き抜ける風のようなさわやかさ。ハイランドモルトのような印象になりました。

その味と香りは、ソーダ割りにするとさらに際立つようです。

 

f:id:kimama2016:20180512075629j:plain

右がファインオーク。左はスタンダード12年。

最近、ダブルカスク・シリーズというものも発売されています。

どちらが好きか?と言われると、どちらも美味しいです(笑)

「さすが、マッカラン」という印象ですね。

TPOに応じて飲み分けてもいいかも知れませんね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。