K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

まるで桜餅の香り!?『ズブロッカ』

 K’s MENU Note

FILE 16

『ZUBROWKA』

昨日紹介した常連Kさんのお連れ様が、よく注文されるのがこちらのお酒、ポーランド生まれのズブロッカです。

f:id:kimama2016:20170420013328j:plain

野生のバイソン(ラベルデザイン参照)が食べる「バイソングラス」を漬け込んだフレーバードウオッカで、桜餅を思わせる香りが特徴です。ズブロッカにはアルコール度40度のスタンダード品と、52度のプロ仕様品があります。ウチの店は、スタンダード品を冷凍庫で冷やしています。

飲み方はいろいろありますが、一般的なのは、キンキンに冷やしてショット、あるいはアップルジュースで割ると「シャルロッカ」と言うカクテルになります。そのほかの飲み方はこちらが参考になります。

kaumo.jp

アップルジュースは常備していないので、ウチではオレンジジュースやグレープフルーツジュース割りのカクテルをメニューに載せています。その方も割って飲まれています。

こういうタイプのお酒は、お客様との距離を近づけてくれる、よいツールになります。

ズブロッカって何ですか?」

(来た~(心の声))「コレです(ボトルを見せる)

「冷えてるんですね」

「冷凍庫に入れてあるんです。アルコール度数が高いので凍らないんですよ」

「そうなんですか!中に何か入ってる?」

「バイソングラスという草で、このラベルのバイソンが食べるんです」

「すご~い」

「ちょっと香りをかいでみて下さい。何かに似ていませんか?」

「う~ん、何だろう?知ってるけど思い出せない・・・」

「桜餅に似ていませんか?」

「あっ、ホントだ。おいしそ~。どうやって飲むのですか?」

・・・

と、こんな感じで会話が進みます。お客様は20代後半、石原さとみ似の女子をイメージしました(しょうもない妄想…)正直、そんなには出ないのですが、時にとても嬉しい働きをしてくれる、欠かせないアイテムとなっています。(勿論、男性のお客様にも丁寧に対応します。テンションが少々違うだけです(笑))