K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『明鏡止水 甕口 生原酒』原酒のパワーを感じます。

 K’s MENU Note

FILE 20

長野『明鏡止水  甕口 純米吟醸 生原酒

 

ウチの店の日本酒の半分以上を飲んでるのでは?

と思われる常連Mさんが、日曜日に来店されました。

日本酒は一合と100mlの2種類が選べるようになっています。

Mさんは色々な銘柄を飲まれるので、大体100mlで注文されます。

 

その日、飲まれた日本酒の中で、まだ紹介していないのがこちらの一本。

f:id:kimama2016:20170424210527j:plain

後ろに写っているのは、違う明鏡止水です。

スペックは、日本酒度+5、精米歩合(麹)50%(掛)55%。

アルコール度数は17度。純米吟醸の無濾過生原酒。

しぼりたての新酒をそのまま瓶詰した、大変フレッシュなお酒です。

 

 飲んだ印象は…。

とにかくパンチの効いた、手強いお酒というイメージです。

旨み凝縮、重厚な酒質で、飲みごたえあります。

生酒なのでフレッシュですが、フルーティーという感じではないです。

もっと……濃い~感じ。度数もちょい高めで、一般のお客様には勧めずらいですね。

日本酒上級者の方や、淡麗のお酒では物足りない!という方にお勧めします。

 

 ちなみに「明鏡止水」という言葉は…。

一点の曇りもない鏡や静止している水のように、

よこしまな心がなく澄み切った心境をあらわす四字熟語。

そんなイメージのある「明鏡止水」の他のアイテムとは一線を画す一本です。

まさに新境地、でしょうか。

 

 そしてこの言葉が有名になったのは…。

宇野宗佑元総理が辞任するときの会見で、

「明鏡止水の心境であります。」と述べたことで有名になりました。

まぁ、どうでもいい小ネタですが…。

そんな心境になったことは、生まれてこのかた、一度も御座いません(笑)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。