K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『安心院蔵』スッキリ系の麦焼酎だが…。その読み方が分からない!?

K’s MENU Note

FILE 25

麦焼酎安心院蔵

 

 昨日はGW初日。そして土曜日。

通常なら一番混む曜日なのですが、はたしてどうなるか? 

結果は「どっちつかず」でした。まあそこそこ。良くも悪くもない。

 

で、改装休業中だった近所のP店が昨日オープンしました。

開店時には長蛇の列ができたとのこと。まさに大フィーバー。

そのP店の部長さんが、夜ちょろっと飲みに来て数杯飲んだのがこちら

大分麦焼酎安心院蔵

f:id:kimama2016:20180426234524j:plain

f:id:kimama2016:20180426234539j:plain

 

すいません、また焼酎です。連発です。

不思議なくらいよく出ます。とりあえず流れに乗っておこうと思います。

 

この焼酎はスッキリ系の麦焼酎で、クセのないクリアな味わい。

麦焼酎って、ある意味、芋焼酎よりも味の幅が広い気がします。

クセのないスッキリ系から、芋焼酎を凌駕するとんでもないクセモノまで、千差万別。

この商品はどなたにでも勧められる、飲みやすい一品です。

 

・・・・・

 

ところで、この安心院蔵、何て読むかご存知ですか?

 

以前、メニューにあんしんいんぞう」って振り仮名を振っておいたら、

九州出身のお客様にあじむぐら」って読むんだ、と言われ、赤っ恥をかきました。

 

大分に安心院あじむ」という町があり、そこにある酒蔵で安心院蔵

確かに地名や人名などの固有名詞は、読み方が難しいですが、これは読めない。

「あ」「じ」はぎりぎりいけても、「む」はどう考えてもむりです。

「院」が「む」ですよ。無理だ~!

 

 ・・・・・

 

そして、その部長さん、時々来てくれるのですが、自分はP店には行きません。

Pはやりません。まずタバコが無理。お金が無い。やり方が分からない。

だから無理です。

 

サラリーマン時代だと

「できない理由を探さないで、やれる方法を考えろ!」とか言われそうですが、

無理なものは無理なのです。

「む」と読めないのと同じです……違うか…。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。