K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『梵 ときしらず』熟成酒の底力を体感。「時を忘れる」ほどに旨い酒。

 K’s MENU Note

FILE 31

福井『梵 ときしらず  純米吟醸

 

売り切れそうな日本酒がありますので、忘れないうちに紹介しておきます。

 

f:id:kimama2016:20170505003309j:plain

 

どんなお酒か?

精米歩合は麹米50%、掛米55%、火入れの純米吟醸

日本酒度、酸度は非公開となっています。

 

ラベルに「長期氷温熟成」「特別熟成酒」と書いてある通り、

5度の低温で5年間熟成されたお酒です。

 

「時不知」という貴重な「鮭」が、このお酒の名前の由来です。

「飲んでいると時を忘れるくらい美味しい」ことから命名されたそう。

 

残り僅かだが、テイスティングして見ます。

「冷」で。

香りはあまり感じられず。

味は酸を強めに感じてすっきり飲めるのですが、旨味や深みが感じられない。

おそらく料理と合わせたときに、その良さをお互いに引き出すタイプと思います。

(残念ながらテイスティングなので、そこまではできませんでした)

 

「常温」まで戻すと、先ほどよりは味に深みが出て、旨みも感じられますがまだ弱い。

これはちょっと温めたほうがいいかも。

 

「ぬる燗」にしてみました。

すると全体にまろやかさが増します。

スッキリながらも、しっかりと旨みを感じられました。

ようやく隠れていた高いポテンシャルが顔を見せた印象です。

 

これで料理と合わせれば、と思いますが…。

申し訳ございませんがテイスティングはここまでです。

(これ以上飲むと、売り切れになってしまうので…)

 

・・・・・

 

 「生酒」に偏り気味の最近の傾向の中ですが…、

温度による味の変化を感じられ、日本酒の奥深さを再認識させられた一品でした。 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。