K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

アイラの巨人『ラガヴーリン16年』

K’s MENU Note

FILE 33

『LAGAVULIN

前回のホワイトホースの記事の中で「ラガヴーリン」に触れましたので、今日はこちらを紹介します。

強いピート香と潮の香り、そして重厚な酒質が特徴のアイラモルト。オフィシャルは16年物(写真右)が主流です。写真左は「ダブルマチュアード」いわゆる二段熟成。別の種類の樽に移して後熟させる方法で造られたウイスキー。「ペドロヒメネス」という極甘口のシェリー酒を作った樽で後熟します。

f:id:kimama2016:20170507004902j:plain

16年は空でした。ニューボトルもありますが、このために開けるのも何なんで、ダブルマチュアードの方をティスティングしてみます。ちなみにダブルマチュアードも1995年蒸留、2011年瓶詰なので、概ね16年の熟成になります。

f:id:kimama2016:20170507005343j:plain

まずはストレートで。色はやはり赤褐色が濃いです。香りはピート香は感じますが、16年物よりは弱いようです。シェリー樽の効果か、甘美な香りが強いですね。味をみてみると、ドライでピーティーな部分と、甘く甘美な部分のそれぞれが、個々に主張していて、いまいち相乗効果が発揮できていない印象です。

f:id:kimama2016:20170507010320j:plain

そして加水して味の変化を見ます。加水のより、舌触りがとても滑らかで、円やかな印象が強まります。また、アルコールの強さの陰に隠れていた果実香も顔を出します。

「甘美なラガヴーリン」と称されるダブルマチュアードですが……アイラモルトにシェリーの甘美さは必要ですかね?  そこはスペイサイドのウイスキーに任せておけばいいのではないでしょうか?アイラモルトに期待することって「ドライでピーティー、そして潮や海藻などスコットランドの荒々しい海や島々を連想させるテイスト」だと思うのです。そういった部分がシェリー樽フィニッシュによりだいぶ失われている気がします。失われている、と言うよりは、個性の強いもの同士がお互いに主張しあって、足を引っ張りあっている、そんな印象が拭えません。美味しいのですが……やっぱりちょっと違うな~と感じてしまうのです。大好きな「ラガヴーリン」だけに辛口になりましたが、オフィシャル16年物は自分が一番好きなシングルモルト、と言っても過言ではありません。

過去の「アイラモルト」の記事です。よろしければご覧ください。

kimama2016.hatenablog.jp

kimama2016.hatenablog.jp

kimama2016.hatenablog.jp

 


お酒・ドリンクランキング