K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

ケンタッキーダービーのオフィシャルドリンク、風?『アーリータイムズ ミントジュレップ』

 K’s MENU Note

FILE 39

『EARLY TIMES    MINT JULEP

 

月曜日に宴会(15名)がありました。ここの会社の宴会はいつもお酒を持ち込みます通常の持ち込みはもちろんNGですが、宴会の場合は飲み放題の料金を頂いてますのでOKです。そして持ってきたのがこの2本。


f:id:kimama2016:20170531004449j:image

 

1本は言わずと知れた獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」

もう1本は大そうな木箱に入っていた高砂 純米大吟醸

どちらもとても高そうです。うちの店では置けません・・・。

 

 

宴も進み、2本の一升瓶がほぼ空になったところで、お客様からオーダーが。

「別料金でいいので、日本酒を下さい。これらに近い味のものを。」

「そんなの、あるか~い!置いてないわ(心の声です)」

無難に辛口の純米吟醸をお出ししました。今って・・・バブルですか??

 

 

まあ、それはそうと、今日紹介するお酒はこちら。

アーリータイムズ ミントジュレップ」

話の流れから日本酒にしようと思ったのですが、ちょうど入れ替え時期でいいのがない。なので、先日のダービーにちなんで、こちらのお酒を紹介します。

 

もともとミントジュレップというカクテルがあります。

ミントの葉と砂糖をつぶし、クラッシュアイスを詰めてバーボンを注ぐというもの。

そのカクテルを手軽に楽しめるよう、アーリータイムズ(バーボン)にミントのフレーバーを付けたもの。主にソーダでアップしてお出ししてます。

ちなみにアルコール度数30度、リキュール類となります。


f:id:kimama2016:20170531004514j:image


f:id:kimama2016:20170531004538j:image

ラベルには競馬のイラストが描かれています(他のデザインのボトルもあります)

なぜ競馬のデザインかというと、カクテルのミントジュレップが、アメリカの競馬のレースケンタッキーダービー」のオフィシャルドリンク になっていることから来ています。レース当日は競馬場内でミントジュレップが売り歩かれているそうです。「東京ドームの生ビール」みたいなものでしょうか?



f:id:kimama2016:20170531004608j:image

そして味の方は・・・

確かにミントの香りのする甘めのお酒というイメージ。ソーダアップで爽やかに飲めます。

しかし・・・

「ミントジュレップ」ではないです。「ミントジュレップ」だと思って飲むと、残念な結果になります。だから、ネーミングがミスリードなのでしょうね。正しく商品の本質が伝わるようなネーミングにした方が、お互いのためだと思いますよ。「バカルディ モヒート」と同じ匂いがします。

確かに「生のミントの葉」を使う「ミントジュレップ」を(「モヒート」も同様)ちゃんと作ろう(=メニューに加えよう)と思うと、なかなかハードルが高い。それを手軽に楽しめるように、というコンセプトは分からなくはないが、ちょっと違うかな~って気がします。このお酒に「生ミント」を加えて加工したら良くなるかも知れません。(ならばちゃんと作ればよいではないか、ということになってしまう・・・)


f:id:kimama2016:20170531092732j:image

 

庭に自生しているミントです。昔、植えた残党が、毎年春になると出てきます。でも、残念ながら、売ってるミントほど、香りがありません。