K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

カリブ海の海賊から命名されたフレーバード・ラム。『キャプテン・モルガン スパイスト』

K’s MENU Note

FILE 41

『Captain Morgan Spiced Rum

 

「キャプテン・モルガン スパイスト」が残りわずかだったので買いに行きました。

バニラなどの香辛料で香り付けされたフレーバード・ラム。

甘く豊かな風味が魅力のお酒です。

そして・・・

 

 今まで使っていたのが「SPICED RUM」

今回、購入したのが「SPICED GOLD」

 

違うものかな?と思いながらも、見た目は同じだし、アルコール度は35度で同じ。大丈夫だろうと判断し、買ってきました。


f:id:kimama2016:20170605005407j:image

 

ラベルがちょっと違いますね。あと、キャップが違いました。


f:id:kimama2016:20170605005422j:image

 

ストレートでテイスティングしてみましたが、正直、違いは分かりませんでした。「ゴールド」の方が香りを強く感じました。(開けたばかりだから?)

 

そして、ボトル裏面のラベルを見ると・・・


f:id:kimama2016:20170605005438j:image
f:id:kimama2016:20170605005447j:image

 「ゴールド」の方は上から日本語のラベルが貼ってあります。「平行輸入品」ということでしょう。

 

そしてある事実が・・・

「スパイスト ラム」は原産国が「アメリカ」

一方、「スパイスト ゴールド」は「イギリス」

 

フレーバーを付ける前のラムは、「プエルトリコ産」。

 そのラム酒にバニラなどのフレーバーを付けて「スパイスト」になるのだが、アメリカで作ると「スパイスト ラム」、イギリスで作ると「スパイスト ゴールド」、ということでしょうか? 同じお酒がアメリカとイギリスで作られているというのも、妙な話しですが。真相は定かではありません・・・。

 

なんか、分かりずらいですね~。味が同じならどちらでもいいのですが、もう少しわかりやすくできないものですかねぇ。買う時に疑心暗鬼になってしまいます。