K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

「みむろ杉 夢ろまんシリーズ」三輪を飲む!地元産へのこだわりを強く感じるお酒です。

K’s MENU Note

FILE 42

奈良『みむろ杉  純米吟醸  露葉風  中汲み

 

先日、常連のA男さん(30代後半)が来店されました。

彼は洋楽が好きで、特に「ビートルズ」を溺愛しています。

先日来日したポール・マッカートニー

その来日コンサートには…、

武道館と東京ドーム×2回の計3回、行ったそうです。

お店に来られた時には、BGMに「ビートルズのベスト」を流します。

 

・・・・・

 

そんなA男さん、

いつも「残り少ない日本酒を」とオーダーするのです。

 

そして、今回飲まれたのがこちら。

「みむろ杉 純米吟醸 露葉風 中汲み」


f:id:kimama2016:20170607085129j:image

 

どんなお酒か?

精米歩合60%、アルコール度16度、純米吟醸の無濾過生原酒です。


f:id:kimama2016:20170607085141j:image


f:id:kimama2016:20170607085151j:image

裏ラベルには「三輪を飲む」のコピー。

 

「露葉風」は奈良県唯一の酒造好適米

仕込み水は「三輪山の伏流水」。

地元産にこだわったお酒ですね。

 

 そして、搾りの中で最も味と香りのバランスが良い

「中汲み」と言われる部分だけを瓶詰しています。

 

テイスティングして見ます。

飲んで見ると「濃いな~」という第一印象。

無濾過生原酒らしく濃厚ですね。

そして甘みも強く感じます。

でも嫌な後味が残ることはありません。

 

ただこれからの季節は、こういったタイプのお酒は敬遠されそうですね。

「冷」で出しているので、最初のうちは酒質の重さをあまり感じずに飲めます。

しかし時間が経ってお酒の温度が上昇してくると飲みづらく感じてくる。

無濾過原酒はだいたい同様です。

冬場メインのアイテムと考えて良いのでしょう。

 

・・・・・ 

 

あと個人的にですが…、

こういったタイプのお酒は「料理と合わせる」というより…、

「お酒だけで味わいたい」のです。

 

お酒の味が「濃い」ので「料理を引き立てる」という役割ではない気がします。

しいて言うなら「おいしい水」で口の中をフレッシュにしながら…、

体内のアルコール濃度を薄めながら、お酒をしっかり味わいたい。

 

そんな飲み方がしっくり来ると思うのです。 

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。