K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『知多』革新的な逸品「シングルグレーンウイスキー」

K’s MENU Note

FILE 48

サントリー 『知多  シングルグレーンウイスキー

 

最近、よく出るウイスキーがあります。それがこの「知多」で、ハイボールでの注文が多いようです。「山崎」や「白州」より出ている印象です。


f:id:kimama2016:20170615091519j:image

 

ウイスキーを簡単に分類すると・・・

の2種類があります。

 

そして、

 

「グレーンウイスキーというのは、ブレンデッドを造るための素材で、モルトを引き立て、ブレンデッドを支える役割というイメージが強いです。

「知多」のように、単一蒸留所のグレーンウイスキーだけをブレンドしてボトリングする「シングルグレーン」というのは、革新的なウイスキーと言えるでしょう。

 

 

テイスティングしてみます。

「グレーンウイスキーというと、焼酎で言うところの「甲類」と同じイメージがありましたので、味も香りも薄いものを想像していましたが、まったく違いましたね。

想像以上に味わい深く、豊かな香味があります。「モルト」のような重厚感や複雑さはありませんが、その分、軽やかですっきり。それでいて旨みもしっかり。「グレーン」のイメージを一変させられました。

 

ここはサントリーさんの技術の高さなのでしょうね。

HPによると、3種類の原酒を造り分け、3種類の樽を使い分け、ブレンドにも熟練の技が活かされているとのこと。

 

 

加水してみます。

僅かな加水で、アルコール感の裏に隠れていた「香ばしく甘いナッツ様の香り」「熱いキャラメル様の香り」が際立ってきます。味も甘みがグッと増して、深みが広がり、まろやかさも増していきます。

 

これは面白い発見のあるウイスキーでした。

今回は「ハイボール」でのテイスティングをしていません。また、HPによると「和の素材」との相性を意識されているようなので、そのあたりも含めて、後日、追記を書きたいと思います。

 

kimama2016.hatenablog.jp

 

kimama2016.hatenablog.jp