K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『カリラ12年』潮の香りに満ちた蒸留所で造られるシングルモルト。

K’s MENU Note

FILE 49

『CAOL  ILA  12』

 

久しぶりにアイラモルトを紹介します。

 

メインブログの記事で出てきた、『カリラ12年』です。

kimama2016.hatenablog.com

 

「CAOL  ILA」とは、アイラ海峡 のことで、その海岸に蒸留所があります。

アイラ海峡が、エビ、カニ等の優良な漁場になっているためでしょうか。

「魚介類」との相性がよいアイラモルトとも言われています。

 

f:id:kimama2016:20180414095003j:plain


テイスティングして見ます。

まず香り。

スモーキーで、ピートがしっかり効いています。

ただ、ラフロイグやアードベックほどの強さはありません。

ボウモア」くらいでしょうか。

 

ストレートで味を見ます。

じんわりした甘みとともに、ピリッとくるスパイシーな刺激があります。

スモーキーな余韻が残りますが、突出した個性は少なく、バランスの良さを感じます。

 

加水して見ましょう。

バランスの良いせいか、加水による変化はあまり大きくはありませんでした。

果実様のフルーティさが僅かに現れてきます。

 

f:id:kimama2016:20180414095812j:plain

 

 

ウイスキーの飲み方について。

ストレート、ロック、水割り、ソーダ割り、などが一般的です。

 

通な飲み方としては「トワイスアップ」ウイスキー1:1水)。

プロのブレンダーの方がテイスティングするときの飲み方です。

ウイスキー本来の味と香りが楽しめると言われます。

 

・・・・・

 

自分の飲み方は、記事の中で度々書いている通り…。

まずストレートで味わい、次に少しずつ加水して味の変化を見る。

特にシングルモルトを飲む時は、必ずこのスタイルです。

最初からトワイスアップにするのは、ちょっともったいない気がします。

 

バーに行った時も同様。

「水差し」で割り水?を貰います。

水差しが無い場合は「チェイサーにティースプーン」を添えてもらいます。

それで少しずつ加水をして、味の変化を楽しみます。

 

この方法は、バーテンダーの岸 久さんの本に書いてありました。

岸さんのスタア・バーでは、そのようにして提供しているとのこと。

スタア・バーへ、ようこそ (文春文庫PLUS)

スタア・バーへ、ようこそ (文春文庫PLUS)

 

 

たった一杯のシングルモルトですが…。

十数年の歳月を経て、この世に出てくるお酒。

サクッと飲んでしまうのではもったいない。

 

造り手の熱い心や熟成の年月、そしてスコットランドの自然や風土に思いを馳せながら、ゆっくりじっくり味わいたいのです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。