K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『阿久根2017』無濾過とは思えない優しい味わい。

K’s MENU Note

FILE 50

芋焼酎『阿久根2017』新酒無濾過

 

お酒と健康について。

 

人にとってお酒は欠かせないものだと思います。

ただし、飲みすぎると身体にダメージがあります。

なるべくなら、影響の少ない範囲で楽しみたい。

そうは言っても人間だもの、なかなか制御するのは難しい。

 

 

お客様から注文が来れば、お出しします。

身体にダメージがあったとしても、注文があれば作ります。

作るのを拒否するなんてことはありません。が、

お客様には、健康的に飲んで欲しいと願ってやみません。

 

 

そんなお酒の中でも、比較的健康に良い(ダメージが少ない)とされているのが、芋、麦などの本格焼酎です。

もちろん、飲み過ぎれば、どんなお酒でもダメージは残りますが。

 

日本酒党の常連さんが最近健康のために、本格焼酎へシフトしています。

昨夜、来店されて飲まれたのがこちら。

 

 

芋焼酎「阿久根2017」新酒無濾過


f:id:kimama2016:20170617013705j:image

 

5000本限定で、シリアルナンバーが付いています。


f:id:kimama2016:20170617013716j:image

新酒の時期に紹介すればよかったのですが、残り僅かになったので、今回、切りの良いFILE50で紹介します。

 

 この焼酎は現代の名工」黒瀬安光杜氏が、新しい「S型麹」という扱いづらい麹菌を使って造った焼酎です。

 

 

テイスティングして見ます。

 

ここはストレートで味わいます。口に含むと、優しい芋の香り、滑らかな舌触りで、無濾過とは思えない、柔らかい印象を受けました。

これは3か月の熟成と、低温冷却で雑味となる浮遊物を取り除いた効果でしょうか。

 

テイスティングなのでストレートで味わいましたが、健康を考えると、お湯割りがベストでしょう。

お酒をしっかり味わうためには、冷やしすぎない方が良いので、水で割るなら氷なしがおすすめ。ロックだと少々冷えすぎる難があります。

 

今後とも、健康に配慮しながら、お酒を楽しみたいものです。