K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『オールドパー12年』日本に初めて紹介されたスコッチウイスキー。

K’s MENU Note

FILE 57

『OLD PARR 12』

 

前回に続き、ブレンデッド・スコッチを紹介します。

 

オールドパー12年」

 

f:id:kimama2016:20170703103520j:plain

 

日本に初めて紹介されたとされるスコッチウイスキーで、明治時代から飲まれているとのこと。

 

時の外相岩倉具視が、欧米視察の際、西洋文化の象徴として持ち帰ったのだそう。

上流階級の社交の場には、欠かせないウイスキーだったらしい。

 

歴史と文化の香りを感じるスコッチですね。

 

40種類以上の原酒をブレンド。

キーモルトは、スペイサイドの「クラガンモア」。

 

 

 

テイスティングして見ます。

 

前回の「バランタイン」とは対極にあると感じるスコッチですね。

 

香りに独特のクセがあります。

ただ、何かに例えるのが難しい。

ピートのようなスモーキー感ではない。

アードベッグの「焼けたゴム感」に似ている気もするが…。

「いい香り」とは言い難い、クセモノ的な香りがします。

 

この独特の香りは、「立ち香」だけです。

口に含むと感じません。

 

味わいは深く、甘く、濃醇

しっかりした重厚なボディ

伝統的な「スコッチ」の味、という印象。

 

加水すると、クセのある香りはやや穏やかになり、フルーティさが出てきます。

 味はよりまろやかになり、旨みがスムーズに広がります。

 

 こうなると、最初に感じたクセモノ感は一変し、リッチでエレガントな上質のスコッチを感じますね。

 

 

 

中~上級者向けのスコッチ。

 

オールドパー」は、ストレート、トワイスアップ、もしくは濃いめの水割り(氷なし)で、じっくり味わいたいお酒だと思います。

 ハイボールなどにはあまり向かない気がしますし、スコッチ初心者の方は、その独特の香りと酒質の重さに、少々抵抗を感じるかもしれません。

中~上級者向けのお酒ですね。

 

 同じブレンデッドスコッチでも、色々な個性のお酒があるので、お客様のウイスキー歴や好みに合わせて、おすすめするようにしてます。

 

そしてスコッチファンがひとりでも増えると嬉しい限りです。

 

スコッチ初心者のお客様が多い、飲み屋のマスターの願いでした。

 

 

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。