K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『モンキーショルダー』モルト原酒のみのブレンド。はたしてその味わいは?

 K’s MENU Note

FILE 60

『MONKEY  SHOULDER』

 

今、店に置いてあるブレンデッドスコッチで、最後の紹介になります。

「モンキーショルダー」

 

f:id:kimama2016:20170707000937j:plain

 

 ブレンデッドスコッチと言っても、今まで紹介したものとは、少々毛色が違います。

 

このウイスキーは3か所の蒸留所のモルト原酒のみをブレンドした、

「トリプルモルトウイスキーです。

 

3か所の蒸留所はスペイサイドのウィリアム・グランツ社が所有する、

グレンフィディック」「バルヴェニー」「キニンヴィー」の3つ。

「キニンヴィー」はオフィシャルもボトラーズも一切リリースされていない幻のモルトと言われています。

 

 

「モンキーショルダー」の名前の由来は…。

かつて木製のシャベルを使ってモルトの撹拌を行っていた作業員が、肩を痛めてしまう職業病のことを「モンキーショルダー」と言って、敬意をはらっていたらしい。

そこからこの名前が付けられたとのこと。

 

 

お店での苦い思い出。

 

このお酒で思い出すのは、女性のお客様がひとりで飲みに来たときのこと。

珍しいウイスキーハイボールを、というオーダー。

ここは飲みやすくてボトルデザインが可愛いモンキーショルダーだ!

 

f:id:kimama2016:20170707001108j:plain

 

「ここに3匹のモンキーが付いてるんですよ」

「え~、可愛い~」

「この3匹は、3つの蒸留所を表していて…云々」

 というような会話になるはずでしたが…

 

 

「あ~、モンキーですね!これ、好きなんです。」

 

って、知ってるのか~い!

そんなにメジャーなウイスキーではないのだが。

 

どうやら、たまに行くダーツバーに置いてあったとのこと。

ここぞとばかりにお出ししたので、ちょっと恥ずかしい思いをしました。

 

 

 

テイスティングして見ます。

 

確かにクセがなく優しい味わい。飲みやすいですね。

果実感(グレンフィディック由来か)、バニラ感などが感じられます。

 

しかし…です。

どうも薄っぺらい感じがするのです。

モルト原酒のヴァッティングなのに、それぞれのモルトの個性が活きていない。

加水しても味が広がらず、奥行きが浅い印象です。

 

個性を楽しむなら、「グレンフィディック」「バルヴェニー」をシングルモルトで飲んだ方がいい。(「キニンヴィー」は飲めませんが)

 

ブレンドと考えるなら、12年物のブレンデッドスコッチを飲んだ方が、割安だし、飲みごたえがあると思います。

 

 

いまいち、このお酒のコンセプト、3か所のモルト原酒をブレンドした意味合いが見えてこない。

ネットを見ていたらどうやら、

「若い人たちのゲートウェイになるウイスキー」を目指して造られたらしい。

カクテルなどに加工することも考えられているようす。

 

であれば、もう少しリーズナブルな価格で、若い人たちが気軽に楽しめるものにしたほうが良かった気がするが。

どっちつかずで中途半端な位置づけになってしまったきらいがありますね。

 

 

だいぶ辛口の評価になってしまいましたが、ウイスキー初心者の方にはおすすめできる一品だと思います。

でも加工するならこのお酒じゃなくてもいい気がしてしまうのです。

 

なんとも微妙な立ち位置で…。

お店でもどう売っていくか、一工夫が必要ですね。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。