K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ゆきの美人』小さな蔵元が造り出す、フレッシュで爽やかな食中酒。

K’s MENU Note

FILE 64

秋田『ゆきの美人  純米大吟醸

 

最近、常連さんの好みもあって、発泡感のある日本酒をよく仕入れます。

このお酒も「微発泡」

舌にピリピリッとくる感じが新鮮です。

 

ゆきの美人」の秋田醸造さん。

以前、「一白水成」の記事でも出てきましたが、秋田の「ネクスト5」の一角です。

 

kimama2016.hatenablog.jp

 

 

秋田醸造さんの特徴は…。

 

小さな蔵(マンションの1Fにあり)で少量生産(150石)。

最新鋭の設備で温度管理。丁寧な手づくり。

全量、酒造好適米を使った純米酒づくり。

爽やかな酸がきいた、食中酒づくり。

 

・・・・・といったところ。

 

 

今回は「純米大吟醸」。スペックと味は…

 

f:id:kimama2016:20170715090824j:plain

 

使用米 山田錦、秋田酒こまち

精米歩合 45%

日本酒度 +2

酸度 1.8

 

香りは控え目です。

舌にピリピリッと来る発泡感が心地よく、爽やかな酸味があります。

後味のキレも良く、+2よりももう少し辛口に感じますね。

 

純米大吟醸を食事に合わせるというのは、なにかもったいない気がしてしまい、酒だけで味わいたい気もするのですが、こちらのお酒は「ぜひ食事と合わせて飲みたい」と感じさせる一本ですね。

 

 

「美人」と名の付くお酒は…。

 

あまり有名ではない「ゆきの美人」ですが、お客様の反応は割と良いです。

「名前、聞いたことあります」みたいな方が多いのですが、何かと勘違いしていらっしゃる可能性が高いです。

「〇〇美人」といえば、岩手の「南部美人が超有名で、こちらと勘違いされている気がします。

 

その他…

山口の「東洋美人」というのも以前、置いてました。

福井「月下美人

石川「加賀美人」(「手取川」の吉田酒造)

大分「ちえびじん」(紅茶梅酒で紹介)

焼酎ですが「さつま島美人」

…調べると他にも色々ありますが、「南部美人」以外はあまり知られていませんね。

 

お客様が知らない日本酒をオーダーするとき、産地やスペックなどを参考にされると思いますが、秋田県  ゆきの美人」その名前だけで十分おいしそうに感じますね。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。