K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ノブ クリーク』禁酒法以前の力強いバーボンが甦る。古くて新しいクラフトバーボン。

K’s MENU Note

FILE 75

『KNOB CREEK

 

前回の予告通り、今回は「ノブ クリーク」を紹介します。

 

 

ビーム社のハンドクラフト・シリーズについて。

 

このシリーズは、禁酒法以前の力強いバーボンを蘇らせようとして誕生しました。

 

アメリカ禁酒法以前のバーボンは、4年以上の熟成、50度以上のアルコール度数、その力強い味わいで人々を魅了していました。

ビーム家6代目のブッカー・ノーが、その味わいを蘇らせるべく、長期熟成と力強い香味にこだわってつくり上げた。今は7代目、フレッド・ノーが、その魂を伝承しつつ、更なる探求を続けている。

 

ノブ クリークは、そんなビーム社のハンドクラフト・シリーズのひとつです。

f:id:kimama2016:20170807083512j:plain

 

このシリーズは、ラベルやボトルデザインもカッコイイですね。

 

 

ノブ クリークについて。

 

「ノブ クリーク」とはケンタッキー・ヒルにある小川の名前で、ケンタッキー出身のリンカーン大統領が幼少期を過ごした場所でもあるらしい。

このシリーズの中で最長の、9年の熟成を経ています。

アルコール度数は100プルーフ(50度)。

 

 

テイスティングして見ます。

 

ストレートで味わう。

前回のベイカーズが、甘みを強く感じたのに対し、こちらは辛みというか、香味を強く感じます。

バーボンらしい荒々しさも残しつつも、全体的にまろやかで、バランス良くまとまっている印象。

 

加水してみる。

加水しても、あまり味の変化や広がりは感じませんね。

中途半端に加水するなら、しない方がよさそう。

それならばロックのほうがいいかもしれない。

 

 

バーボンとスコッチの大きな違いを感じた。

 

バーボンはスコッチと比べて、味がストレートで、複雑さや奥深さがあまり感じられないですね。熟成に使う「樽」の影響かと思われます。

 

バーボンは必ず「新しい樽」を使わなければならない。

スコッチはその「バーボンを熟成した後の樽」や、「シェリー酒やワインを熟成した後の樽」なども使うので、いろいろな味が浸み出して、複雑な味わいになる。

 

ならばバーボンの、その直線的な味わいを、素直に感じられる飲み方が一番いい。

もちろんストレートで飲むのがベストでしょう。

また、ウイスキーに氷を入れることには否定的だったのですが、ロックスタイルも悪くない気がしてきました。

 

中途半端な加水やトワイスアップは、バーボンの良さを失わせてしまうのかもしれない。

 

・・・・・

 

自分としては、スコッチに比べると、バーボンは未知な部分があります。

同じウイスキーというカテゴリーですが、全く別物と考えた方が良いのかも。

この機会に、バーボンをもっと深く探求してみようと思います。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。