K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ルシアン』隠れマダムキラーとも呼ばれる、甘口のカクテル。2つのレシピを試してみた。

K’s MENU Note

FILE 80

『Russian

 

お盆期間中に来店されたご家族。

お父さんは「バーボン」、お母さんは「日本酒」、息子さんは「芋焼酎」、娘さんは「カクテル」と、それぞれ好みの違うお酒を飲まれていました。

 

それぞれ紹介したい品があるのですが、特に娘さん、普段は滅多に出ないショートカクテル「ルシアン」を注文されましたので、こちらを紹介します。

 

 

カクテル「ルシアン」とは?

 

アルコール度数が高い割りに、カカオリキュールを使うので甘口のテイスト。「隠れたマダムキラー」とも呼ばれるカクテル。

 

スタンダードなレシピは…

 

ウオッカ 20ml

ジン 20ml

カカオ(ブラウン)リキュール 20ml

シェークして、カクテルグラスに注ぐ。

(お店ではこのレシピでお出ししてます)

 

f:id:kimama2016:20170818000809j:plain

 

f:id:kimama2016:20170818000847j:plain

 

 

 

 上田和男さんの「ルシアン」。

 

もうひとつ、レシピがあります。

自分がリスペクトするバーテンダー、上田和男さんのレシピです。

 

ウオッカ 30ml

ジン 20ml

カカオ(ブラウン)リキュール 10ml

ステアして、カクテルグラスに注ぐ。

 

カクテルテクニック

カクテルテクニック

 

 

 

上田さんは「ハードシェイク」というテクニックを確立した第一人者。

カクテルを柔らかく丸みのある味わいにする「気泡」を作ることを、ハードシェイクの最終目的と語ります。

 

そして「ハードシェイク」に向く素材として、「クリーム」「果汁」を挙げ、向かない素材として「スピリッツとリキュールなど、酒類のみの組み合わせ」を挙げています。気泡は出来るが、維持するのが難しく、短時間で消えてしまうとのこと。

 

この「ルシアン」が該当します。

 

そこであえて「ステア」を選び、バランスも調整。「ルシアン(ロシアン?)」の名とドライ志向からウオッカ比率を高め、その分カカオを減らしています。

 

f:id:kimama2016:20170818001133j:plain

 

実際に両方の処方で作って、味を見た。

 

最初にスタンダードレシピの方。

 

アルコール度数は32~33度くらい。

度数の割りにはカカオの甘味で優しい味わいになっています。

シェークの効果もあり、感覚的には20度くらいのお酒を飲んでる気がします。

(「マダムキラー」の名の通り、飲みすぎると危険そう)

 

そして…確かにシェークした柔らかい感じが続かないですね。

すぐに、ステアで作ったようなクリアな口当たりに変化します。

 

 

次に上田さんのレシピ。

 

アルコール度数はさらに上がって37~38度くらい。

ファーストノートはシェークと大きく変わりませんが、アルコール感はグッときます。

よりドライで、甘さ控えめ。大人の味わい。

 

 

どちらが美味しいかは……好みですね。

 一般のお客様には、スタンダードレシピのほうが安心感があります。

 

いずれにせよ…「飲みすぎ注意!」です。

 

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。