K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『特蒸 泰明』常圧蒸留でしっかりした味わいの麦焼酎。香ばしい麦の香りが楽しめます。

K’s MENU Note

FILE 82

麦焼酎『特蒸泰明

 

昨日、知り合いの飲み屋のマスターが来店されました。

ビール党なのですが、一杯だけ「おいしい麦焼酎を」とのオーダー。

そこでお出ししたのがこちら。

「特蒸泰明」(とくじょう たいめい)

f:id:kimama2016:20170825005234j:plain

 

f:id:kimama2016:20170825005420j:plain

和紙の質感に、力強い筆文字 のラベルがカッコイイですね。

 

「泰明」には、「特蒸泰明」と普通の「泰明」があります。

「特蒸」は「常圧蒸留」、普通の泰明は「常圧蒸留と減圧蒸留のブレンド」です。

 

 

焼酎の蒸留について少々。

 

常圧蒸留

いたってシンプルな蒸留方法。通常の気圧で行われ、90~100℃の沸点で蒸留します。

原料の風味がしっかり残る蒸留方法です。

 

減圧蒸留

気圧を下げて蒸留する方式。気圧が低いと沸点が下がります。40~50℃の沸点で蒸留。

気圧を下げることで、原料や雑味成分の抽出が抑えられるので、クセのないスッキリタイプに仕上がります。

 

 

テイスティングして見ます。

 

ストレートでテイスティング

 

麦特有の香りがしっかり感じられます。

少々クセのある香りながら、口に含むととても円やか。

滑らかで優しい甘みが広がります。

アフターに麦チョコ様の香ばしい香りが鼻から抜けます。

 

重厚で、しっかりした味わいの麦焼酎

まさに常圧蒸留ならではの味わいです。

 

 

普通の泰明は置いていないので、残念ながら飲み比べは出来ません。

想像ですが、もっとスッキリと飲みやすいタイプなのでしょうね。

 

・・・・・

 

「飲みやすさ」より「飲みごたえ」を追求している手造り蔵。

じっくりと麦の風味を楽しむなら、常圧蒸留の「特蒸」が良いのでしょう。

麦の香ばしい余韻が楽しめると思います。

 

 

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。