K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『赤兎馬』三国志に登場する名馬から名付けられた芋焼酎。フルーティな味わいが魅力です。

K’s MENU Note

FILE 83

芋焼酎赤兎馬

 

前回に続き、本格焼酎を紹介します。

ボトル以外では一番注文の多い銘柄ですね。

 

f:id:kimama2016:20170826085240j:plain

 

これもラベルのインパクトが強いです。

黒地に赤文字。躍動感のある字体。余計な文字も絵も一切無し。

目立ちます。

 

 

赤兎馬」は、どんなお酒か。

 

前回の記事で「蒸留方法」について書きました。

この赤兎馬は原料の風味がしっかり残る「常圧蒸留」です。

(それにしては芋感が無い。詳しくはテイスティングで)

 

麹はスッキリとした仕上がりになる「白麹」を使用。

原料のさつまいもは、厳選された良質の「黄金千貫」

そして仕込み水は、鹿児島県特有の火山灰土(シラス台地)の地下数百メートルから湧き出す天然水を使っています。

 

やはり良質の原料と水。酒造りには欠かせないものですね。

 

熟成にもこだわりがあります。

原酒をゆっくりと寝かせたあと、仕上げに力強い若い原酒をブレンドします。

 

 

テイスティングして見ます。

 

ストレートで味わいます。

まず、香りが強い。ですが、いわゆる芋焼酎特有のクセのある香りではないです。

もっと華やかで、上品な香り。フルーティな果実様の香りもあります。

 

口に含むと、すっきりとした飲み口で、甘さも上品。

爽やかで「ホントに芋か?」と感じてしまう味わいです。

常圧蒸留だと、もっと芋感が強く出るのでは?と思うのですが…。

蒸留方法だけで風味が決まる訳ではないのでしょうね。

 

何か、ハイランドのフルーティでスッキリした風味のシングルモルトを思わせます。

(この印象は自分だけかも知れません)

 

 

加水(1:1)して見ます。

度数が下がって飲みやすくなります。

柔らかい口当たり、優しい甘みが広がります。

ただ、インパクトが弱まり、全体的に少々ぼやけた感じになるので、お酒に強い方はぜひストレートで試して頂きたい一本です。

 

 ・・・・・

 

とても上品で、フレッシュで、フルーティ、気品あふれる芋焼酎

芋焼酎が苦手な方でも、おいしく飲めると思います。

 

反面、「芋焼酎のクセのある味わいが好き」という方には物足りないかも。

ただ、全体的には、そのような方は少数派になりつつあるようです。

 

・・・・・

 

 

ちなみに「赤兎馬」の名前は…

三国志」に出て来る「一日に千里走る」と言われた名馬の名前から付けられています。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

kimama2016.hatenablog.jp