K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『田倉』地元産の原料と湧水にこだわる手造り芋焼酎。生産量が少なく希少です。

K’s MENU Note

FILE 85

芋焼酎『田倉

 

前回の記事で書いた通り、初来店のお客様におすすめでお出しした芋焼酎のひとつ。

鹿児島県の高良酒造の造る芋焼酎

この蔵の銘柄としては「八幡」の方が有名でしょうか。

 

f:id:kimama2016:20170831085112j:plain

 

 

芋焼酎「田倉」とはどんなお酒か?

 

厳選された新鮮な「有機栽培」の芋と、米麹も「有機栽培の合鴨米」を使用。

蔵の裏手にある飯倉山から湧き出る清水を、仕込み水や割り水に使います。

高良酒造さんは地産地消にこだわります。

 

そして蔵の焼酎はすべて、伝統的な「かめ仕込み」

手造りで1本1本丁寧に造られています。

 

f:id:kimama2016:20170831085202j:plain

 

テイスティングして見ます。

 

蒸留方法は「常圧蒸留」

麹は「白麹」を使用。

 

まずストレートで。

 

香りは強めですが、クセが少なく上品です。

口に含むと…、とても優しい味わいです。

包み込むようなほのかな甘みが感じられ、円やかですっきりした味わい。

雑味がなく、滑らかな口当たり。

アフターにほんのりとした甘い芋の香りが鼻に抜けます。

 

丁寧な造りを感じさせる、とても美味しい芋焼酎です。

 

加水します。

水を少しづつ加えて、味の変化を確認。

 

味が徐々に広がって、より柔らかい風味になっていきます。

水割りでも美味しく飲めるでしょう。

ただ、味わいが繊細なので、冷やし過ぎない方が色々な風味を感じられると思います。

 

 

理想的な本格焼酎の飲み方とは?

 

これは自分の主観です。

個人的には一番焼酎の味を感じられると思う飲み方です。

「飲み方」と言うよりは「味わい方」

 

・・・・・

 

まずストレートで香りを見ます。

次に少量を口に含んで、舌の上で転がしてみます。

度数が強いので、ごく少量から試します。

 

その後、少しずつ加水します。

アルコール度数が下がってくるので、飲みやすくなってきます。

そして新たに感じられる風味が出て来ると思います。

最終的には 1:1 くらいまで加水しても良いでしょう。

(感覚に頼ることになりますが)

これで度数は12~13度。日本酒よりちょっと低いくらいです。

 

氷は入れない方がいいです。

冷えすぎると角が立って円やかさが失われる。

甘みをはじめ、繊細な味わいが感じられなくなってしまいます。

 

また、アルコールは体温に近い温度で吸収されるので、程よく酔いが回ると思います。

(冷えすぎたお酒は、後で一気に酔いが来る)

 

・・・・・

 

シングルモルトを味わう時の飲み方に通じます。

同じ蒸留酒。ともに原料の風味が残る単式蒸留器での蒸留

同じ味わい方が合わないはずがない、と思うのです。

 

・・・・・

 

 ただし、これは純粋にお酒を味わう時に適する飲み方です。

人とコミュニケーションを取りながら、会話を楽しみながら飲む時は、水割りやお湯割りをおすすめします。

TPOに応じて飲み方を変えたいところですね。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。