K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『川越』朝堀りの芋にこだわる、希少な手造り芋焼酎。米焼酎のブレンドが絶妙です。

K’s MENU Note

FILE 86

芋焼酎『川越

 

本格焼酎の記事が続きます。5回連続。

今日は芋焼酎「川越」です。

f:id:kimama2016:20170902094631j:plain

 

宮崎県にある「川越酒造場」。杜氏は19代目と、江戸時代末期から続く老舗の蔵です。

家族経営の小さな蔵で、生産量も少なく希少なお酒です。

 

 

蔵では芋の鮮度にこだわっています。

加工する当日の朝に掘った「朝堀り」の芋だけを使用しています。

使う芋は、宮崎県産100%、有機栽培の黄金千貫。

 

f:id:kimama2016:20170902094647j:plain

 

そして、この焼酎の大きな特徴は「米焼酎」をブレンドすること。

もともとのコンセプトが、「若い女性でも飲める芋焼酎、都会でも売れる芋焼酎」。

米焼酎ブレンドすることで、芋臭さを抑え、円やかで飲みやすく仕上げています。

 

 

テイスティングして見ます。

 

ストレートで。

香りは控え目。確かに芋の香りは穏やかです。

味を見ます。

全体的に円やかですっきりした印象。綺麗な酒質。

主張は控え目ですが、じんわりと旨みが感じられ、飲みやすいながらも深い味わい。

 

少しずつ加水して見ます。

バランスが崩れず、より一層旨みが増して、全体に広がっていきます。

適度な加水が、このお酒のポテンシャルを一段と発揮させるようです。

 

最初のインパクトは弱めですが、飲むほどにその深い味わいに気付かされる、そんなお酒ですね。

 

 

ちなみにこの「川越」、2002年にANAの国際線ファーストクラスの焼酎に選ばれています。

客室乗務員の方に好評だったのが選ばれた理由だそう。

まさにコンセプトがハマった結果なのでしょうね。

 

・・・・・

 

1本1本、丁寧に造られる、手造り芋焼酎

お店でも、1杯1杯、丁寧に売っていきたい。

そんな想いを強くさせる、芋焼酎「川越」でした。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。