K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『オリンピック』とは言っても、カクテルの名前です。オレンジ香る、ジューシーな味わい。

K’s MENU Note

FILE 90

Olympic

 

このところ、本格焼酎、そして日本酒の紹介が続いておりました。

今回はガラッと変わって、ショートカクテルの紹介です。

 

先日、初来店のカップル(同伴?)の男性が注文されました。

忙しい時のショートカクテルのオーダーはちょっと困ります。

(メニューに「忙しい時は作れません」と書いてます(笑))

でも、カクテル作るのは、やっぱり楽しいですね。

 

・・・・・

 

さて、この「オリンピック」という名のカクテル。

1900年のパリ五輪を記念して作られたカクテルらしいです。

 東京オリンピックもあるし、オーダーが増えるかも。

 

レシピは以下の通り。

ブランデー       20ml

オレンジキュラソー   20ml

オレンジジュース    20ml

シェークして、カクテルグラスに注ぐ。

 

ブランデーとオレンジは、とても相性がいいです。

 

f:id:kimama2016:20170913000707j:plain

 使うのはこちらのお酒。

ブランデーは「クルボアジェ VSOP ルージュ」

オレンジキュラソーは「グランマルニエ  コルドンルージュ」

 

キュラソーとは、オレンジの果皮で風味を付けた、甘みと香りの強いリキュール。

ホワイト、オレンジ、ブルーなどの種類があります。

グランマルニエ」はオレンジキュラソーの代表銘柄で、お菓子作りにも使われます。

 

f:id:kimama2016:20170913001515j:plain

 シェークしてカクテルグラスに注ぐとこんな感じ。

 

テイスティングして見ます。

 

オレンジの香りと味が広がります。ジューシーですが、その分甘みが強いです。

各材料が同じ比率なので、ベースのブランデーの風味があまり感じられません。

甘めでクセもなく、オレンジの香りや味を感じられて、十分美味しく飲めると思います。

ただ、ちょっと物足りない。

お酒に強い方、カクテルに慣れてる方、ドライ嗜好の方は、物足りなさを感じそうです。

 

自分のイメージでは、もう少しドライ(辛口)に振りたいところ。

そして、ベースのブランデー感をしっかり残したい。

 

ブランデー3:キュラソー1:オレンジジュース1 ではどうか?

もっとドライに振るなら、4:1:1もありか?

 

でもそれよりは、スピリッツ3:1果汁のパターンに当てはめて、

ブランデー      45ml

オレンジジュース   15ml

オレンジキュラソー  1tsp

がベストな気がする。ただし、もはや「オリンピック」とは呼べないが。

 

・・・・・

 

こんなアレンジをいろいろと考えて見るのが楽しいですね。

スタンダードレシピを基本にしつつも、アレンジできるのがカクテルのいいところ。

自分には出来ませんが、プロのバーテンダーさんは、お客様の好みに合わせて配合を微調整しているようです。

 

そこまでは無理でも、「居酒屋でこんなクオリティーのカクテルが出て来るんだ」と驚かれるくらいのレベルを目指して、研鑽をしております。

と言うか、鉄板焼きのできる居酒屋で、ショートカクテルを出してるお店って…、

日本でウチだけかも知れないな(笑)調べた訳ではありませんが(笑)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。