K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブレットバーボン』西部開拓者のウィスキー。アメリカの歴史を感じるバーボンです。

K’s MENU Note

FILE 91

『BULLEIT  BOURBON

 

最近よく来られるお客様で、バーボン好きな方がいらっしゃいます。

最初の1~2杯は自分で選ぶのですが、それ以降はだいたいおまかせになります。

今日もそんな感じで、4~5杯目くらいに出したのがこちら。

 

「ブレットバーボン」

 

f:id:kimama2016:20170914001518j:plain

 

まずボトルがカッコイイ。

 

写真ではわかりづらいのですが…。

曲線が美しいです。なんとも言えない「美」を感じます。

 

また手ざわりにもウットリします。吸いつくような滑らかさ。

ずっと触っていたいです。(変態ですね…。)

ボトルに刻まれた文字もいい感じです。

 

 

「ブレットバーボン」について。

1700年代にフランスから移住したオーガスタ・ブレット氏が、母国のブランデー造りを参考にバーボンを造り始めました。

彼は1860年に事故で亡くなり、製造終了となりますが、1987年、氏のひ孫にあたるトム・ブレットが当時のレシピで復活させます。

 

127年ぶりの復活、だいぶ時間が経ってますね。

よく復活できたものです。と言うか、よく再現しようと思ったな。

その情熱に感服します。

 

そしてこのバーボンは、アメリカ開拓時代(1860年代~1890年代)、西へと向かう開拓者たちが好んで持って行ったそうで、いつしか「開拓者のウィスキー」と呼ばれるようになります。

 

 ん?1860年から製造してないのでは??

恐らくそれまでに蒸留されて樽で熟成中だった原酒を、瓶詰して販売したのでしょう。

想像ですが…。

 

・・・・・

 

アルコール度数 45度。

コーン68%、ライ麦28%、大麦4%と、ライ麦比率の高いウィスキー。

6年以上熟成した原酒のみを使用してます。

 

ちなみにバーボンは…、

「原料にトウモロコシを51%以上使うこと」と決められています。

実際にはトウモロコシを70%前後使うものが多いですね。

(トウモロコシを80%以上使うと「コーンウイスキー」になります)

 

トウモロコシ以外は、ライ麦、小麦、大麦麦芽などを混ぜて使います。

このウイスキーライ麦を多く使用していますね。

 

テイスティングして見ます。

ストレートでテイスティング

香ばしい麦の香りを感じます。

口に含むと甘みを感じますが、軽快ですっきりとした甘さです。

滑らかでスムーズ。クリアでドライな印象。

食後だけでなく、色々なシーンに合いそうな、バランスの良さを感じますね。

 

・・・・・

 

アメリカ開拓時代、西へと向かう人々とともにあったウィスキー。

その味を忠実に再現しています。

 

こういう「ストーリーのあるお酒」はいいですね。

飲みながら、イマジネーションが膨らみます。

またお客様との会話のきっかけになったりもします。

 

フロンティアを夢見た人々に想いを馳せながら、味わいたいお酒です。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。