K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ガリアーノ』イタリア発祥の薬草系リキュール。ボトルデザインが特徴的です。

K’s MENU Note

FILE 95

『GALLIANO

 

今日は流れが一変して、ちょっと変わったリキュールを紹介します。

イタリア産の「ガリアーノ」です。

 

お店での1シーン。

先日、時々来られるブランデー好きの奥様がいらっしゃいました。

カウンターに座ってボトルを見ながら…、

「これ、何ですか?」

ガリアーノというイタリアのリキュールです。」

f:id:kimama2016:20170925093940j:plain

しばし考えている。

どこかのお店でガリアーノの話題になったらしく、その記憶をたどっている様子…。

 

どうやら以前、どこかのお店でブランデーベースのカクテル「アレキサンダーを飲んでいて、ベースのブランデーをガリアーノに変えると「ゴールデンキャデラック」というカクテルになる。そんな話をしたらしい。

 

なかなかマニアックな話しで、いけてるバーテンダーさんだったのかしら?

にしてはその店にガリアーノが無かったとのこと。なんじゃそりゃ?

 

「飲んで見たいです。これを使ったカクテルを下さい。」

 

……さて、困った。

ガリアーノはちょっとした風味付けで使うことが多く、これをメインにしたカクテルは前出の「ゴールデンキャデラック」くらいしかない。でも残念ながら生クリームが無くて作れない。

 

そこは「ガリアーノを飲みたい」という奥様のたっての希望、ちょっとアレンジして生クリームの代わりにミルクを使って作りました。

生クリームの濃厚さは無いですが、逆にスッキリ軽めに仕上がって、これはこれでいけるかも知れない。

奥様にはご満足頂けたようです。多分…。

 

ちなみに「ゴールデンキャデラック」のレシピ。

ガリアーノ     20ml

カカオ(ホワイト) 20ml

生クリーム     20ml

シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

 

 

リキュール「ガリアーノ」について。

バニラやアニス、ジュニパーベリー、シナモンをメインフレーバーに、

30種類のハーブ、スパイスを原料として作られる薬草系リキュールです。

アルコール度数42.3度。

そのまま飲んだり、カクテルベースに使われます。

f:id:kimama2016:20170925094002j:plain

 

ところで「ガリアーノ」というと「バニラ風味のリキュール」というイメージが強いのですが、今回テイスティングして見たところ、「バニラの風味」はほとんど感じられない。甘さと穏やかなアニスの風味を感じます。

 

そういえば、数年前にリニューアルしたと聞いたような?

 

調べて見ると、やはりリニューアル、というか旧レシピに変更されていたようで、ラベルの表記も「バニラ」のところに「オーセンティコ」(正統とか本物の意)と書かれています。

 

さらに、現在はオランダの総合リキュールメーカー「ボルス」が母体になっているらしく、イタリアのリキュールとも言えなくなっているようで…。

お客様には「イタリア発祥の…」くらいに伝えた方がよさそうですね。

 

独特のボトルデザイン。

f:id:kimama2016:20170925095651j:plain

背の高いボトルが特徴で、一升瓶と並べてみると、こんな感じです。

目立ちますが、扱いづらいです。まあ、ほとんど出ませんが(苦笑)

イタリア建築におけるコリント式の円柱をモチーフにしているとのこと。

 

・・・・・

 

リニューアルされましたが美味しいリキュールだと思います。

自分的には「ナイトキャップ」としてストレートでいきたいところ。

でもお店ではちょっと売りづらいですね。

オブジェとしては優秀ですが(苦笑)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。