K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ジャック・ダニエル テネシーハニー』とっても甘い蜂蜜リキュール。

K’s MENU Note

FILE 102

『JACK DANIEL  Tennessee HONEY

 

前回の記事で、テネシーウィスキー「ジャック・ダニエル」を紹介しました。

今回はその「ジャック・ダニエル」に蜂蜜フレーバーを加えたリキュールについて。

 

どんなお酒か?

ジャック・ダニエルをベースに、同社で造ったハニーリキュールをブレンド。アルコール度数35度のリキュールです。

f:id:kimama2016:20171012073256j:plain

味はとっても甘いです。ハチミツの風味がありますが、ジャック・ダニエル感は皆無です。その名前で変なバイアスがかかりますが、単にハチミツのリキュールと考えて間違いないですね。

飲み方は、ロックかミルク割り、多少スッキリ飲みたいならジンジャーエール割りでしょうか。アメリカでは、冷凍庫でキンキンに冷やしてショットで飲むのが人気だそうです。 

f:id:kimama2016:20171012073314j:plain

 

このお酒を導入した経緯は…。

このお酒は、ある常連さんの希望で取りました。その方は、以前グレンフィディックの記事でご登場頂いたT さん。 

kimama2016.hatenablog.jp

その方は今ではすっかり常連さんですが、初来店のときの印象は悪かったですね~(失礼)作業着で頭にタオル、右手に競馬新聞。酔っ払い気味で、ひとりでふらっ~と入って来ました。

 

「いや~、ヤバそうなのが来たな」(心の声:度々失礼)

忘れもしない、春の天皇賞の日の夜。武幸四郎のメイショウドンタクが3着に来て、3連復で20万以上ついた、あの春天の日。

新聞見ながら、ぶつぶつ。「こんなのあり得ないよな~」

「競馬で負けた酔っ払いか…。何か危ないな~」(心の声)

でもひとりの方を放置もできず、軽く話し掛けました。

天皇賞、どうでした?(ハズレたってわかってるが)」

「ダメダメ、こんなの取れないよ~」

「(まあ、そうでしょう)荒れましたからね」

「マスターも競馬やるの?」

「まあ、多少は(もう30年のキャリアだが)」

「へぇ~、そうなんだ。俺はね…」

という感じで、その日は当たり障りのない話に終始しました。

その後、何度か来られて色々話すようになりましたが、初日は警戒心しか無かったですね。

・・・・・

そんなTさん、何かでこのお酒を知ったらしく「飲んでみたい」と言われたので、試しに仕入れて見ました。

ご本人は「甘い、甘い」と言いながらも、時々飲んでいます。

風貌からは似あわないお酒ですね(重ね重ね失礼しました)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。