K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『千峰 天青』神奈川県、茅ヶ崎のお酒です。茅ヶ崎のイメージといえば〇〇だが…。

K’s MENU Note

FILE 106

神奈川『千峰 天青  純米吟醸 雄町

 

最近、お客様の言葉に「ん?」と感じることがあります。

 

飲食店なのでどうしても来店やオーダーが集中する時間がありまして、そんなタイミングで新規の来店があった場合は「料理を出すのに時間がかかる」事をお伝えします。

 

昨夜も料理のオーダーがそこそこ入っていて、まもなく10名の宴会も始まるというタイミング。空いてる席はカウンターの2席のみ。そこに現れた30歳くらいの男女。

「カウンター席でよろしければどうぞ。これから宴会が始まるので料理にちょっと時間がかかりますよ。」とお伝えしました。

すると男性の方が一言。

「だいじょうぶです。」

 

「ん?だいじょうぶ??」

この会話の流れから察するに…、

「時間がかかってもだいじょうぶです。」というふうに捉えられる。

でもその男女は入店することなく帰られました。

 

「ん?何がだいじょうぶだったんだ??」

 

そういえば過去にも同じようなケースで「だいじょうぶ」と言ってた人が居たな…。

一般的な言葉の使い方なのかしら?

自分が知らないだけ??

でもこの場合、「じゃあ結構です。また来ます。」みたいな言葉の方が伝わりやすいと思います。

日本語って「断る」ときの言葉が曖昧ですよね。

「いいです。」なんて言葉は、OKなのかNOなのか全く分からない。言葉のトーンで感じ取るしかない。お店では確認しますけどね。

 

 

ごめんなさい。余談が長くなりました。

 

「千峰 天青」はどんなお酒か?

f:id:kimama2016:20171026001438j:plain

千峰天青を造る熊沢酒造さん。

神奈川県、湘南に残された最後の蔵元です。

湘南の印象と言えば…、

海、江の島、サーフィン、サザン、軟派、チャラいイメージ。

さて、お酒からはそんなイメージが感じられるのか?

 

使用米は雄町。精米歩合は50%。

日本酒度+3、酸度1.6。

  

テイスティングして見ます。

f:id:kimama2016:20171029010327j:plain

湘南っぽい、チャラい感じはありませんでした(あるわけないですね。失礼しました。)

雄町らしく、しっとりと落ち着いた味わい。

香りも風味も穏やかながら、しっかりと腰の据わった酒質。

安心して飲める安定感を感じます。

前回の「あぶくま」よりはまろやかな印象を持ちました。

 

冷だとちょっと硬いです。蕾が閉じているような。

軽く温めると、グッと旨みが開いてきます。

円やかさが増して、ふわっと包み込むような優しい味わいになります。

 

・・・・・

 

このお酒は是非お料理と合わせたいですね。

個性や主張は弱いのですが、その分しっかりとした旨みがある。

安定していて安心して飲める。

料理のじゃまをすることなく、下から支えて引き立てる。

そんな内に秘めたポテンシャルを感じるお酒でした。

こういうお酒は知らず知らずのうちに杯を重ねそうです。

 

 

前回、今回と「雄町」らしさに触れられたお酒を紹介しました。

酒米の特徴を知ると、さらに日本酒の楽しみが広がりますね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。