K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ダルウィニー15年』ハイランドの山岳地帯、その恵まれた自然に育まれるウィスキー。

K’s MENU Note

FILE 108

『DALWHINNIE 15

 

今回はシングルモルトの紹介です。

このブログはシングルモルトの紹介がメインになる予定でしたが、気が付けば日本酒がメインで、次にバーボンや本格焼酎が多くなっています。シングルモルトはだいぶ影が薄くなってしまいました。

紹介するお酒はランダムに選んでますが、お客様からの注文があった時になるべく記事にしています。それだけシングルモルトは出ないってことですね。

ちょっと悲しい。

まだまだ努力不足です。

 

・・・・・

 

そして昨夜は久しぶりにシングルモルトのオーダーがありました。

オーダーされたのは、30歳前後の女性。

一杯目から「たちばな(芋焼酎)お湯割り」のオーダーで、「もしかしてつわものかも?」という期待が…。

そして最後にオーダーして頂いたのがこちら。

f:id:kimama2016:20171103092432j:plain

聞くところによると、ウィスキーはほとんど飲まず、シングルモルトは初めてとのこと。

飲めるかどうか心配だったそうですが、大丈夫だった模様。

いきなり芋のお湯割りを飲む方なら、まあ大丈夫でしょう。

こういうチャレンジングな姿勢は好きですね。

 

 

ダルウィニーとは?

スコットランドのハイランド地方にあるダルウィニー蒸留所。

最も標高の高いところにある蒸留所のひとつで、政府の気象観測所も兼ねています。

 

「ダルウィニー」とはゲール語「落ち合う場所」「集会所」という意味。

その昔、牛追いたちが南の市場へ旅立つ前に、北や西ハイランドから牛の群れをここに集めたと言われています。

 

  

テイスティングして見ます。

ストレートで。

以前飲んだ時の印象は、爽やかで軽く、クリーンな酒質というものでした。

今回飲んで見て、少し印象が変わりました。

思ったよりしっかりしたボディ。

草っぽい感じ、土っぽい感じがあります。

とんがった個性は無く、全体的にまとまっています。

 

ただ、加水するとイメージが一変。

クセが消えてフルーティさが増し、その後ろから紅茶様の風味が顔を出します。

酒質もライトになり、クリアで飲みやすい印象に変化しました。

 

好みもありますが、加水した方がこのお酒の良さが引き出される気がします。

 

・・・・・

 

今回、ダルウィニーを注文されたお客様。

今度はぜひお一人でお越しください。

手取り足取りレクチャーいたします。

 

そして〇〇〇で「落ち合い」ましょう。

(冗談です)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。