K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『たちばな』焼酎一筋。手造りにこだわる黒木本店の、レギュラー芋焼酎です。

K’s MENU Note

FILE 109

芋焼酎『たちばな

 

前回の記事で落ち合うことになった(?)女性のお客様。

最初に飲まれたのが、こちらの「たちばな」のお湯割りでした。

 

f:id:kimama2016:20171106083256j:plain

 

芋焼酎「たちばな」とは?

「きろく」「中々」「百年の孤独」「爆弾ハナタレ」などなど…。

プレミアム焼酎を多く造っている「黒木本店」のレギュラー芋焼酎

 

自社栽培の黄金千貫を、収穫したその日に仕込みます。

昔ながらの甕を使って、丁寧に造られる本格芋焼酎です。

常圧蒸留、白麹を使用。

 

黒木本店の考え方。

ホームページを見ていたら、蔵の考え方が書いてありました。

素敵なので一部引用します。

(前略)

こんなにも恵まれた地が

他にあるのだろうか。

 

この豊かな地に恥じぬよう、

ただひたむきに

ただ精一杯に

ただ一心不乱に

そして頑固に。

焼酎を造り続けよう。

 

(中略)

 

全ての工程に人の手が介する。

それが黒木本店の焼酎造りです。

人の手による焼酎造りは、南九州の文化遺産でもあり、

それを継承していくことは、醸造者の責任でもあります。

 

焼酎は人と人を繋げ、

その人生を豊かにする。

人を結ぶ。

心をほどく。

それこそが黒木本店大義です。

 

テイスティングして見ます。

落ち着いた香りで、すっきりと飲めるので、食中酒にピッタリですね。

最初はピリッとした刺激を感じます。

しっかりした、芋焼酎らしいボディがあり、後から甘い芋の風味が追いかけて来ます。

加水すると芋の風味は弱くなります。お湯のほうが柔らかくなって美味しい。

ぬるめのお湯割りだと、芋の風味をじんわりと楽しめますね。

まあ、好みの問題ですが。

 

・・・・・

 

人と人を繋げる焼酎。

人を結んで、心をほどく焼酎。

素敵です。

 

あぁ、繋げて欲しい。

宮崎あおいさんと…。

(妄想です)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。