K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『タリスカー10年』スカイ島の唯一の蒸留所が造る、男性的なモルトです。

K’s MENU Note

FILE 111

『TALISKER 10

 

前々回の記事で「シングルモルトが出ない」と書きました。

書いたとたんに出始めました。

不思議なものです。

その中から今回はこちらを紹介します。 

タリスカー10年」 

f:id:kimama2016:20171106114540j:plain

タリスカーを育むスカイ島。

スコットランド西側にある「スカイ島」。

面積は約1700平方キロメートル。アイラ島の3倍くらいあります。

結構大きいのですが、稼働している蒸留所はひとつだけ。

それが「タリスカー蒸留所」です。

 

「スカイ(skye)」は「空」ではなく、ゲール語で「翼」を意味します。

島の形が、鳥が翼を広げたように見えることに由来するそうです。

また、濃霧に覆われる日が多いので、別名「霧の島」と言われているとのこと。

 (有名なあの焼酎とは無関係です)

 

タリスカーとは?

バイキングの言葉で「傾いた大岩」という意味だそうです。

スカイ島の画像を検索していたら、こんな写真が。

傾いた大岩?

f:id:kimama2016:20171113003601j:plain

どうやら蒸留所は、ごつごつした岩が多い、島の西海岸にあるようです。

タリスカーはスカイ島の自然が育むウイスキーと言ってもよいのでしょう。

 

テイスティングして見ます。

ストレートで頂きます。

 

深いモルトの香り。シングルモルトらしい香りです。

その後ろ側に果実香が潜んでいます。

とってもいい香りです。

ピートの立ち香はありません。

 

口に含むと、まず甘みが広がります。

しっかりしたボディ。

ピリッとくるアタック(黒胡椒様と称されます)。

ドライで重厚な酒質。

鼻孔には心地よいピートの香りが抜けていきます。

(飲んでみて初めてピートを感じました。アイラモルトとの違いですね)

アフターはフルーティな余韻を残しながら消えて行きます。

 

わずかに加水すると、青リンゴのような果実の香りが一気に広がります。

口当たりが優しくなって、飲みやすくなります。

 

・・・・・

 

荒々しくパンチがありながら、繊細で複雑。

モルトらしいしっかりとした味わい。

かなり好みのタイプです。

 

 

できれば非日常的空間で楽しみたいものだが…。

そうもいかないのでお店でのテイスティングで我慢しましょう。

せめてスカイ島の圧倒的な自然や海の力を頭に描きながら…。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。