K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ザ・グレンリベット12年』初めて英国政府に公認された蒸留所。シングルモルトの原点です。

K’s MENU Note

FILE 113

『THE GLENLIVET  12

 

前回の記事でご登場いただいた女性のお客様。

2杯目のウイスキーのご注文でお出ししたのがこちら。

 

f:id:kimama2016:20171117094130j:plain

 

f:id:kimama2016:20171117094204j:plain

 

「ザ・グレンリベット」とはどんなお酒か?

全てのシングルモルトの原点とも言えるグレンリベット。

1824年に「政府公認第一号」の蒸留所として認められます。

それまではかなり長い間「密造酒」の時代でした。

 

グレンリベットだけ公認されると他の密造業者は面白くない。

創業者は命を狙われたり、危険な目に遭わされます。

また「政府公認」の名前にあやかろうと、25もの蒸留所が「〇〇〇グレンリベット」と名乗ります。

今の時代なら、商標権侵害で即使用禁止、損害賠償でしょうね。

 

結局、裁判になって元祖「グレンリベット」が勝訴。

他のまがい物と区別するために、本物だけ「THE」を付けることが認められます。

 

 

それからは「政府公認」の蒸留所も増えていって、一世紀以上続いた「密造酒」の時代は幕を閉じます。まさにグレンリベットが道を切り開いたことになるのです。

 

ちなみに「政府公認第二号」は「ザ・マッカラン」。その後はよく分かりません。

そして「THE」も、「バルヴェニー」「グレンロセス」なども付けているので、その意味合いも薄れてきているようです。

 

 

テイスティングして見ます。

とてもバランスが良いのですが、逆に言えば個性がないですね。

モーレンジよりしっかりしたボディ。やや濃厚ですこし苦味も感じます。

 

美味しいのですが、面白みは少ない。加水しても味の変化もあまりありません。

でも初心者の方にはこういったタイプのモルトがおすすめです。

バランスの良いモルトを基本にして、徐々に広げていく。

いきなりアイラなどに手を出すよりは、その世界を掴みやすいでしょう。

まさに「原点」ですからね。

 

最近のブログの傾向。はてなの読者様に感謝です。

この「酒ブログ」もそれなりに書いてきたな~、と思います。

アクセス数はあまり気にしませんが、少なすぎると書いてる意味が問われる。

ひとつの目安として「一日30PV、月に1000PV」を目標にしていました。

これくらいあれば、書いてる意味もあるかな、と。

おかげさまで最近は50~70PV/日で推移しています。

(これが多いか少ないかは個人の感覚です)

その内訳を見ると…。

 

f:id:kimama2016:20171117103944j:plain

ほとんどが検索アクセスで、はてなからは遂に1%になってしまいました。

ですので、はてなの読者様はとっても貴重です。

読んで頂いている方々には、心より感謝いたします。

 

「お酒(メニュー)の紹介を通じて、お店でのエピソードなどを綴る」

今後もこのスタイルで記事を書いて行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。