K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『カンパリ』イタリア産のハーブ系リキュール。おすすめのカクテルも紹介します。

K’s MENU Note

FILE 117

『CAMPARI

 

リキュールでよく出るのは、カシス、ピーチ、ライチなどの「果実系」のもの。

その他、カルーアマリブなどの「種子系」も割と出ます。

いまいち出ないのが「薬草、香草系」「ハーブ系」と呼ばれるジャンルのリキュール。

その代表銘柄が、今回紹介するカンパリです。 

それでも最近、好んで飲んでいる20代男子の常連さんがいます。

 

f:id:kimama2016:20171129084937j:plain

 

カンパリとはどんなお酒か?

「甘苦い風味」と「赤い色」が特徴の、イタリア産リキュール。

原料は明かされていませんが、ビターオレンジ、キャラウェイ、コリアンダー、リンドウの根など、60種類にのぼる材料が使われているとのこと。

メニューとしては、オレンジ、グレープフルーツ、ソーダなどで割るロングカクテルが一般的です。甘過ぎず、苦すぎず、スッキリと飲みやすいカクテルになりますね。

 

カンパリを使ったおすすめのカクテルは?

あまり有名ではありませんが「ネグローニ」というカクテルがあります。

自分も好きで、一時期よく飲んでいました。

 

「ネグローニ」のスタンダードなレシピ

ドライジン      20ml

カンパリ       20ml

スイートベルモット  20ml

氷を入れたロックグラスに注ぎ、軽くステア。

(オレンジスライスを飾る)

ビルドという手法で簡単に作れます。

  

f:id:kimama2016:20171129091921j:plain

 

ネグローニを作って見ます。 

ジンは「ビフィーター」、ベルモットは「ノイリープラット」を使用。

カンパリとスイートベルモットの赤褐色が鮮やかなカクテルです。

 

味を見ます。

それぞれのお酒が主張し過ぎず、渾然一体としてひとつのカクテルを形成しています。

口当たりは滑らか。

アルコール感がしっかり残りながらも、ほのかな甘みと心地よい苦味、果実感。

美味しいカクテルです。

そして、オールラウンドなカクテル。

食前、食後、また食事をしながらでもOKです。

どんな場面でも対応できる味わいが嬉しいですね。

(もともとは食前酒らしいです)

 

・・・・・

 

このカクテルをなんとかメジャーにしたいと思っているのですが、お客様の興味を引くコンテンツに乏しい。

名前も微妙だし、フィレンツェのレストランで「ネグローニ伯爵」が愛飲していたものをバーテンダーが広めたというストーリーも、いまいちインパクトが弱い。

 

いろいろ調べていると、ネグローニのカクテル言葉(花言葉みたいなもの)は「初恋」というのが出てきました。

「これは使えるかも知れない!」

甘くてホロ苦い初恋に、想いを巡らせるカクテル「ネグローニ」

いいじゃないですか!このコピー!

 

え?思い出したくない!?

なるほど…。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。