K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『イエーガーマイスター』ドイツの薬草系リキュール。「ドイツの養命酒」との別名も!?

K’s MENU Note

FILE 118

イエーガーマイスター

 

前回のカンパリに続き、薬草系リキュールを紹介します。

ドイツのお酒「イエーガーマイスター」です。

f:id:kimama2016:20171202095425j:plain

 

とあることで、最近このお酒を飲みました。

先日、知人の店で、30代の女子とダーツ勝負をすることになりました。

自分は飲みの余興でやる程度。その女性も半年ぶりとのこと。

「これはいい勝負になるのでは?」

そんな甘っちょろい予想に反して、結果は完敗でした。

 

飲みの席での余興なので、楽しめれば結果はたいして重要ではない。

ただし、ひとつのルールが…。

その店では、ダーツで負けたらテキーラショット」

俗に言う「罰ゲーム」ですね。

強制ではありませんが、その場のノリもありますので、負けた以上は潔く飲みたい所。

でもテキーラはあまり好きじゃないんですよね~。

 

そこで、ショットはショットでもイエーガーのショット」を頂くことに。

テキーラよりは甘みもあり、飲みやすい。

一気に飲んでしまうので、味わう間もないのですが…。

こういう飲み方は好みませんが、場の雰囲気を壊さない程度にお付き合い致します。

 

イエーガーマイスターはどんなお酒か?

ドイツ産の薬草系リキュールで、アルコール度数は35度。

ハーブ、果物、草根木皮など、56種類の原料が使われています。

 

イエーガーマイスター「狩人の守護聖人の意味。

「牡鹿の角に精霊を見た人が、のちに聖職者になった」、という話しが由来らしい。

ラベルには雄のシカが描かれていますね。

 

f:id:kimama2016:20171203093854j:plain

飲み方は、冷凍庫でキンキンに冷やしてストレートで飲むのが一般的。

あとはオレンジ割り、トニックウォーター割りなど。

  

テイスティングして見ます。

あらためて味を見ます。

まず香り。

薬っぽい香り、強すぎないアニス系の香り。甘い香りもあります。

奥にオレンジの香りがいて、気のせいか?クミンも感じます。

 

つぎに味。

最初に甘みを感じます。

オレンジのような果実感があり、苦味は少ないですね。

深く濃厚な味わい。

アフターに舌にピリッと来るような苦味。

鼻腔から薬草感が穏やかに抜けていきます。

後味は思ったよりスムースで、すっきりしています。

 

・・・・・

 

このお酒はテキーラのように飲むのはもったいないです。

また、冷やし過ぎないほうがいいのでは?と感じました。

常温のショットで、味・香りを楽しみながらチビチビやる。

それがこのお酒の良さを一番味わえる飲み方ではないでしょうか?

 

 

 

やっぱり、罰ゲームは「テキーラショット」かなぁ…。

自分にとっては「ビールの一気飲み」が一番の罰ゲームだが…。

 

 

何はともあれ、お酒はよく味わって、ゆっくり飲みましょうね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。