K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ペルノー』『シャルトリューズ』メニューに載せていない、ハーブ系のリキュール。

K’s MENU Note

FILE 119

『PERNOD』『CHARTREUSE

 

前回、前々回と、薬草系リキュールを紹介しました。

この流れで紹介したいお酒があります。

今ここで取り上げないと、二度とチャンスが無さそうなお酒です。

これらはメニューには載せていません。

知っている方がごく稀に、ボトルを見て注文するだけです。

 

f:id:kimama2016:20171206001210j:plain

 

左のボトルが「ペルノー」。

かつてアブサンというお酒がありました。

ニガヨモギ、アニスなどのハーブ、スパイスで造る、アルコール度数70度のリキュール。

原料の「ニガヨモギ」に幻覚作用があり、販売が禁止されます。

その代替品として、アニス、スターアニスコリアンダーなどを主原料とするペルノーが誕生しました。

フランス産で、15種類のハーブから造られます。こちらはアルコール度数40度。

 

f:id:kimama2016:20171206001333j:plain

 

水を加えると色が変化するのが特徴です。

f:id:kimama2016:20171206001539j:plain

 そのままだと透明。少し黄緑がかっています。

f:id:kimama2016:20171206002227j:plain

水を加えると、濁った色に変化します。

 

ペルノ5:1水で作る「ペルノウオーター」が定番の飲み方らしい。

オレンジやパインジュースとの相性も良いとのこと。

また、ショートカクテルでも、ペルノを少量加えるものが多いです。

 

もともとは色々なカクテルを作って見たくて仕入れたのですが…。

主張が強すぎて、なかなか一般向けのカクテルに仕上がらない。

それで、メニューに載せられない。

だから全然減らない(汗)

 

・・・・・

 

「好んで飲まない」というお酒もありますが、この「ペルノー」は…。

ごめんなさい。飲めないです。お酒とは思えないんです(汗)

ちょっと他に例えようのない、強烈な香り。香水のような…?

その強烈な香りばかりが目立ってしまい、味もよく分からない。

単純に美味しくないです(失礼)

自分に合わないだけかも知れませんが…。

 

 

次に「シャルトリューズ」。

こちらもフランス産の薬草系リキュール

作り方は秘密で、シャルトリューズ修道院の修道士3人だけが知っているらしい。

一部だけ公開されたレシピによると、ブランデーをベースにアンゼリカ、シナモン、ナツメグなど130種類のハーブを加え、樽で熟成(3~10年)される。5回の浸漬、4回の蒸留を経て作られるとのこと。

 

オレンジやトニックウォーターで割るロングカクテルが一般的。

「アラスカ」など、ショートカクテルにも多く使われます。

f:id:kimama2016:20171206002546j:plain

 

大きく分けて「ヴェール(緑)」「ジョーヌ(黄)」の2種類があります。

(ウチにあるのは「ジョーヌ」のみ)

ヴェールはスパイシーで辛口。アルコール度数55度。

ジョーヌは蜂蜜の甘味が強く、甘口。アルコール度数40度。

 

味はとても甘いです。香草の香りもありますが、蜂蜜様の甘さが際立ちます。

ジャックダニエルテネシーハニー」に香味を加えたような印象。

食後にショットで飲むか、さっぱり飲むなら炭酸系で割ると良さそう。

 

ペルノー」の味見の後では、こちらはなんとも安心して飲めます。

そしていつも以上に美味しく感じますね(苦笑)

 

 

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。