K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『寒紅梅 遅咲き瓶火入れ』三重県の小さな蔵が生み出す酒は、冬に咲く紅梅のごとし。

K’s MENU Note

FILE 126

三重『寒紅梅  純米吟醸50  遅咲き瓶火入れ

 

いよいよ今年も大詰め。飲み屋の営業も本日でラスト。

今年の仕事納めは28日の方が多かったようです。

遅い時間まで大フィーバーしてました。

 

そしてこのブログは、まだまだ日本酒が続きます。

7連チャン。次で八連荘、役満ですね(笑)

 

他にも紹介したいお酒がいろいろあるのだが…。

ちょっと待ってておくれ。

この連チャンが止まったら必ず…。

 

・・・・・

 

さて、今回はこちらのお酒。

f:id:kimama2016:20171229090216j:plain

 

似た名前で「宮寒梅」というお酒がありました。

kimama2016.hatenablog.jp

 

「梅」が付くお酒は他に、有名な「越乃寒梅」や「雪中梅」など、新潟に多いですね。

 

「寒紅梅」は、どんなお酒か?

使用米は山田錦

精米歩合は50%の純米吟醸酒

他のスペックは不明です。

「遅咲き」とは…?

どうやら「火入れ」のことを「遅咲き」と表現しているようです。

ちなみに「新酒生酒」「早咲き」だそうです。

f:id:kimama2016:20171229090242j:plain

 

テイスティングして見ます。

ほのかな吟醸香

雑味のない綺麗な酒質ながら、旨みがしっかりあります。

ジューシーで円みのある口あたり。

微かにメロン様の果実感を残しながら消えていきます。

じっくりと味わいたい、奥行きを感じる一本ですね。

 

・・・・・

 

さて、このブログですが、次回の更新は年が明けてからになりそうです。

その時には、元日に飲むことにした日本酒を紹介します。

さて、何をセレクトしたのか?

 

ということは、いずれにせよ…。

役満確定ですね。

 

・・・・・

 

今年一年、お読み頂き、ありがとうございます。

来年もよろしくお願いします。

みなさま、よいお年を。