K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『七田 純米吟醸』ホタルの名所で育まれる、粉雪のように繊細なお酒です。

K’s MENU Note

FILE 128

佐賀『七田  純米吟醸

 

新しい年が始まりました。

平成になって30年目の年。

思えば平成の始まりは社会人1年目の1月でした。(年度は昭和63年度)

地元の食品スーパーに就職して「おせち料理」を扱う部門に配属。

右も左も分からない中、初の年末商戦を終えて一息ついていた頃でした。

 

あれからもう30年ですか。

まさか自分が飲み屋のマスターになってるとは(笑)

人生いろいろですね。

 

・・・・・

 

さて、その飲み屋ですが、例年通り3日から営業してます。

なんだかまだふわふわして落ち着かないですね。

3連休明けの来週火曜日からは、ようやく平常に戻るのでしょう。

 

それと一緒に、早く野菜の値段も戻ってほしい。

特に葉物。レタス、ほうれん草、水菜、キャベツ…。困ったものです。

もやしとキノコ類は安くて助かりますが…。

豆苗も素敵です。再収穫できますし。

気象変動が激しい昨今、野菜は「工場」で作る時代なのかも知れませんね。

 

失礼、余談が長くなりました。

今回紹介するのは、また日本酒です。

もう少しお付き合い下さい。

 

「七田 純米吟醸

f:id:kimama2016:20180105083530j:plain

 

f:id:kimama2016:20180105083548j:plain

佐賀県小城市にある天山酒造。

南北に流れる「祇園川」は、全国でも有数の「ホタル」の名所。

きれいな水でしか育たないホタルが生息する祇園川。

「七田」はそんな名水で仕込まれます。

 

原料米は、麹米に山田錦。掛米に佐賀の華。どちらも55%に精米。

火入れの純米吟醸酒です。

 

テイスティングして見ます。

ほどよい吟醸香です。

果実感があり、ジューシーで旨みたっぷり。

日本酒度は+2くらいのようです。

 

そして濃厚旨口のテイストでありながら、後味の切れ方は見事!

粉雪のように消えていきます。

スパッと切れる、と言うよりは、フワッと消えていく感じ。

気が付いたら居なくなってるというような印象です。

 

濃厚でありながらこの後味。

今までに味わったことのない感覚でした。

 

・・・・・

 

さて、日本酒の連荘はいつまで続くのか?

次回は…、

 

 

たぶん日本酒です(苦笑)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。