K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『美丈夫 純米吟醸 たまラベル』柑橘系の酸が魅力的な、飲み飽きしない食中酒。

K’s MENU Note

FILE 130

高知『美丈夫  純米吟醸  純麗たまラベル

 

成人の日を含む3連休も終わりまして、いよいよ2018年も本格始動といったところ。

世間はようやく平常のパターンに戻りそうです。

 

さて、このブログもすっかり「日本酒ブログ」化してきました(苦笑)

回転が速い上に、銘柄を入れ替えるので、紹介が追っつかない(汗)

今後はいったい何処へ向かうのか?

それはお客様の注文しだい。

日本酒党の方が多い間は、日本酒がメインになりそうです。

ただ、お客様も入れ替わりますから、いつまで続くかは不透明ですね。

 

そして今回、紹介するのはこちらのお酒。

「美丈夫  純米吟醸  たまラベル」

f:id:kimama2016:20180109095538j:plain

 

どんなお酒か?

「美丈夫」を造るのは、明治36年創業の濱川商店。

「少量仕込み」「低温発酵」が特徴。

上槽後も出荷まで、徹底した品質管理を行う蔵です。

 

スペックは…、

使用米は「松山三井」。精米歩合は55%。

日本酒度+4、酸度1.4。

長期間、低温でじっくり発酵させた、純米吟醸酒

出荷まで、すべて低温で管理されているそうです。

 

素敵なラベルデザイン。 
f:id:kimama2016:20180110083238j:image

「たま」?ラベル?

猫ちゃんが月を見上げる姿が、シルエットで描かれています。
f:id:kimama2016:20180110083253j:image

 

 テイスティングして見ます。

気が付けばこのお酒もほぼ完売。

おちょこ1杯分しか残っていません(汗)

これでけでテイスティングになるのか?

しかも昨夜は常連さんと話しながら、芋の水割りを3杯。

ほろ酔い気味で、はたして味を感じられるのだろうか??

 

それでもやってみましょう。

 

第一印象として「酸」を感じます。

綺麗な「酸」。やや柑橘系の印象があります。

すっきり爽やか。クリアでキレが良い。

 

おちょこ1杯で感じられたのは、このくらい(苦笑)

ぬる燗なども試して見たかったですが、後の祭りです。

 

・・・・・

  

高知県にはおいしいお酒が多いですね。

辛口で引き締まった、食事に合うお酒が多いイメージがあります。

このお酒も辛口ですが、繊細な旨みも持ち合わせています。

そして、やはり料理と合わせたい一本ですね。

 

黒潮、鰹、海、鯨、龍馬、キャンプ?…。

そんなイマジネーションと一緒に味わいたいものです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。