K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ライ・ウイスキー』ライ麦が主原料の優しい味わい。お店にある2銘柄を紹介します。

K’s MENU Note

FILE 131

『RYE WHISKEY

 

日本酒の連鎖からようやく脱して、今回は久しぶりにウイスキーの紹介です。

 

最近ハイボールを注文する際、ウイスキーの銘柄を指定する女性のお客様が増えてます。

そんな中で、不思議とオーダーが被ったのがこちら。

「ジムビーム  ライ」 

f:id:kimama2016:20180112104921j:plain

残り少なかったのですが、ほとんど出ないので追加発注はしてませんでした。

ところが予想外にオーダーが被ったため売り切れに…。

 

そこで、もう一本あったライ・ウイスキーをお勧めしました。

「オールド・オーヴァーホルト」

f:id:kimama2016:20180112104937j:plain

BARでは、ウイスキーベースのカクテルによく使われる銘柄です。

このお酒と出会ったのは、近所の店で「マンハッタン」を注文したとき。

見たことのないボトルだったので、マスターに聞いてみたのが始まりでした。

その後、いろいろな所でこのお酒を目にすることになります。

 

ライ・ウイスキーとは、どんなお酒か?

ライ麦を主原料にして作られるウイスキー

「ストレート・ライ・ウイスキー」と称されるには…、

  • 原料の51%以上ライ麦で、
  • アルコール度数40以上80以下で蒸留し、
  • 内側を焦がしたホワイトオークの新樽で2年以上熟成しなければならない。

ちなみに「バーボン」は、原料の51%以上が「トウモロコシ」です。

 

テイスティングして見ます。

ほんの一口残っていたものでテイスティング

2つの味を比べてみましょう。

f:id:kimama2016:20180112104842j:plain

草っぽい?香りがします。

「オールド」のほうが深くしっとりした香り。

 「ジム」はドライで乾いた香りですね。

 

口当たりは、優しく滑らかです。

ほのかに甘みが感じられ、荒々しさはありません。

鼻から抜ける香りも穏やか。

f:id:kimama2016:20180112104900j:plain

「オールド」のほうが、しっとりとして深みを感じる味わい。

「ジム」はドライでスッキリした印象です。

 

どちらもバーボンに比べると刺激が少なく、優しい味わいです。

シーンを選ばず、活躍できそうなお酒ですね。

 

・・・・・

 

同じ「ハイボール」でも、いろいろな銘柄のお酒で楽しんでもらえるとうれしいです。

その中で自分の好みを見つけて頂けたらさらにうれしい。

それが女性のお客様なら、もう言うこと無し。

 

「色々なお酒を揃えていてよかったなぁ~」と思う瞬間です。

もちろん、全てのお客様に感謝してますよ。

でもやっぱり女性のお客様だとテンションが上がっちゃいますね。

男の性なので、こればっかりはどうしょうもない(苦笑)

 

 

さて、今夜はどんな素敵な女性のお客様と出会えるのか?

飲食店をやるモチベーションのひとつですね(笑)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。