K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『一白水成 ささにごり』 瑞々しい果実を連想させる、フレッシュで躍動感あふれる味わい。

K’s MENU Note

FILE 137

秋田『一白水成  特別純米  ささにごり

 

1月もついに最終日。 あっという間の1ヶ月でした。

やろうと思っていたことが、できたような、できなかったような…。

お店も全体的にヒマでしたが、最後の最後に少し忙しくなったりして…。

いまいち達成感の無い、ぼやっ~とした1ヶ月になりました。

 

それでも、メニュー変更に目途を付け、

確定申告の準備も大方整い、

ラソン大会へ向けトレーニングを加速させ、

サックスの練習も1段ギアチェンジ…。

と、それなりに色々やっていました。

 

ただ、どれもゴールに達していないので、やり遂げた感がないのでしょう。

まあ、準備期間ということで、納得するしかないですね。

 

・・・・・

 

さて、お酒の紹介ですが…。

「にごり系」の日本酒、3連発になります。

しかし、にごり系マニアの常連さんには驚かされます。

「そのうちブログに書けばいいや」なんて思っていたら、その間もなく売り切れに…。

 

またもや僅か一口だけ残ったお酒で記事を書くはめになりました(汗)

 

どんなお酒か?

原料は…、

麹米「吟の精」精米歩合55%。

掛米「秋田酒こまち」精米歩合58%。

日本酒度+3、酸度1.4。

特別純米のにごり系生酒です。

 

微妙に精米歩合を変える意味は、自分にはよく分かりません。

「吟の精」とは…。

秋田県独自の「吟醸酒の製造に適した品種」を目指して作られたお米です。

 

f:id:kimama2016:20180131011409j:plain

 

f:id:kimama2016:20180131011427j:plain

「ささにごり」との表記だが…。

 意味合いとしては「おりがらみ」と同じでしょう。

前回の「一代弥山」は全然濁っていませんでしたが、今回はどうでしょう?

f:id:kimama2016:20180131011459j:plain

 
f:id:kimama2016:20180131012316j:image

「おり」もはっきりと見え、全体に白濁しています。

やっぱり、これですよね~。この濁り感!

 

そして…、残りは僅かにこれだけです。

 

テイスティングして見ます。

ジューシーです。瑞々しい果実を思わせるフレッシュな味わい。

以上。ごめんなさい。この量ではそれ以上味を見つけられません。

 

最初の頃は栓を開ける時に「ポンっ!」って音がしていたので、それなりに発泡感もあったのでしょう。さすがにこのわずかに残ったお酒にはそんな感じはありませんでした。

 

・・・・・

 

日本酒は早めに記事にしないとダメですね~。

油断してるとあっという間に売り切れる。

まざか「ブログ書くのでこれ以上は売れません 」なんて言えないですしね(苦笑)

 

kimama2016.hatenablog.jp

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。