K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『カミカゼ』アメリカで生まれた、ウオッカがベースのカクテル。なぜこのネーミング?

K’s MENU Note

FILE 141

『KAMI-KAZE』

 

先日、かつて頻繁に来ていた若者グループが久しぶりにやって来ました。

若い人たちは環境の変化が激しいので、来られなくなることもしばしばあります。

 

以前、飲み屋に来なくなるパターンについて書いた記事です。

kimama2016.hatenablog.com

 

そんな彼らのうちのひとりが、最後に注文したのがこちらのカクテル。

カミカゼ

処方はいくつかのバリエーションがあるようです。

使うのは、

これらの材料をシェークして、氷を入れたロックグラスに注ぎます。

いわゆる「シェーク・ロック・スタイル」ですね。

スミノフウオッカに、コアントローで作ります。

f:id:kimama2016:20180216000740j:plain

 

各材料の比率は、

カクテルブックを紐解くと…、

  • ウオッカ                        45ml
  • ライムジュース             15ml
  • ホワイトキュラソー      1tsp

という「ダイキリ・タイプ」の処方が多いですね。

 

ネットで調べると…、

  • ウオッカ                         30ml
  • ライムジュース              15ml
  • ホワイトキュラソー       15ml

という「サイドカー・タイプ」の処方もあるようです。

 

(さらには各材料を20mlずつ使用するタイプも。時代によって変化している様子。)

 

 「サイドカー・タイプ」のほうが…、

キュラソーの甘みが強くなるので、口当たりが柔らかくなりそうです。

 

ダイキリ・タイプ」のほうが、すっきりと、ドライなイメージでしょうか。

こちらで作ってテイスティングして見ます。

 

f:id:kimama2016:20180216000850j:plain

 

f:id:kimama2016:20180216000916j:plain

 

ロックスタイルなので、時間がたてば薄まるのでしょうが、アルコール感は強烈です。

まさに、辛口ですっきり、サッパリと飲めます。

ホワイトキュラソーが甘みを支えているが、この量ではよく分かりません。

お店では「サイドカー・タイプ」で作ったほうが安心ですね。

 

・・・・・

 

ちなみに「カミカゼ」は神風特攻隊から名付けられていますが…、

カクテル自体は「アメリカ」生まれです。

ベースのウオッカは「ロシア」だし、キュラソーは「フランス」?「オランダ」?

ライムは「中南米」?

このネーミングになる要素がひとつも見つからないのだが…。

 

・・・・・

 

余談ですが、平昌五輪、日本勢の活躍が目立ちますね。

あとは「金メダル」が欲しいところ。

今日は男子フィギュアSP、男子スキージャンプラージヒル予選などが行われます。

さて、日本選手に「神風」は吹くか!?

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。