K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『富乃宝山』都会的で洗練された味わい。芋焼酎のイメージを一変させた、革新的な一本。

K’s MENU Note

FILE 148

芋焼酎富乃宝山

 

今回はプレミアム芋焼酎として有名な「富乃宝山」を紹介します。

f:id:kimama2016:20180313085359j:plain

f:id:kimama2016:20180313085416j:plain

富乃宝山」を造るのは、鹿児島県で1845年に創業した「西酒造」さん。

ホームページのクオリティが凄いです。

こと細かく書かれているので、詳しくはこちらを。

www.nishi-shuzo.co.jp

 

 ホームページを見て一番感じたのは「原料へのこだわり」

こだわりのある蔵は他にいくつもあるのでしょうが、西酒造さんは、

「焼酎造りは農業の一環」とまで言い切ります。

 

「どんなに高価で貴重な原料でも、それを使えば旨い焼酎ができるとは限らない。

「原料の品質に曇りがあると、いかに技術があっても心を酔わせる焼酎は造れない。

「だから原料の生産からこだわる。造り手は自然に向き合うことから始めるべきだ。

そんなメッセージが綴られています。

 

これらを読んでいると、裏ラベルに書かれている「気合度数120%」も、決して伊達や酔狂ではないと感じさせられます。

f:id:kimama2016:20180313085438j:plain

富乃宝山」はどんなお酒か?

特徴は黄麹仕込み」

焼酎では一般的に「白麹」「黒麹」が使われることが多いです。

黄麹」は日本酒を造る時に使う麹で、HPによれば、

「雑菌の繁殖を抑える酸をあまり作らないので、高い技術と繊細な管理が必要になる麹」

とのこと。

 

その黄麹を使うと…、

フルーティで華やかな香りで、すっきりと軽快な飲み口の焼酎が造れるようです。

黄麹を使った他の銘柄としては…、

「魔王」「海」「萬膳庵」などがあります。

 

使用するのは、鹿児島県産の「黄金千貫」で、「常圧単式蒸留」で造られます。

 

 

テイスティング。今回は「茜霧島」と比較してみる。

「水割で旨し」と書いてありますが、ここはストレートで。

それと、もう一つ。

最近「フルーティ」な芋焼酎ということで「茜霧島」を紹介しました。

こちらと比較してみましょう。

kimama2016.hatenablog.jp

 

・・・・・

 

「富乃」

果実を思わせるフルーティな香りで、芋焼酎感はありません。

「茜」

もっと強い柑橘系の香りがします。

 

「富乃」

優しく円やかな口当たり。しっとりとして、地に足がついた安心感があります。

芋の臭さは無いのですが、それでも芋はしっかり存在しています。

上品な甘さのスイーツを思わせる風味が印象的。

酒質はすっきり軽やかで、まさに都会的で洗練された味わい。

 

恵比寿か青山あたりのダイニングバーにて…、

ステキな女性がロックで飲んでる姿を勝手に妄想してしまいます(笑)

パッと脳裏に浮かぶのは…。

純白のタイトなスーツに身を包んだ、仲間由紀恵さん。

お相手は…、冠城亘。

…ドラマの見すぎですね。失礼しました。

 

「茜」

オレンジを思わせる柑橘系の味で、やはり芋感は無い。

こちらも、円やかで優しい味わいなのだが、柑橘系の香りがちょっと強すぎる

飲んでいると、この香りが鼻に付くのが気になります。

面白いが、飽きるのも早いのかなぁ。

ちょっとイロモノ的な気配を感じますね。(失礼)

 

・・・・・

 

お店では「富乃宝山」の他に、黒麹「吉兆宝山」も置いています。

f:id:kimama2016:20180313085456j:plain

こちらもテイスティングして比較したい所ですが…、

残りが少ない上に、少々酔っ払い気味。

今度新しいボトルを仕入れた時にやってみようと思います。

 

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。