K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『高千代 辛口純米酒』日本酒度+19 の超辛口ながら、旨みも感じる一本です。

K’s MENU Note

FILE 156

新潟『高千代 辛口純米酒

 

最近ニュースを見ると…。

「やっぱり文書がありました」なんて話しばかりですね。

これでもか、というばかりに、出るは出るは。

官僚ももう支えきれないと悟ったのでしょうか?

崩れだすと脆いものです。

 

組織たるもの、長くなると、驕り、慢心、油断が生じてくる。

そして内部から、足元から崩壊していく。

まさに「敵は本能寺にあり」でしょうか。

 

自分も気を引き締めなくては。

…って、ひとりでやってる店ですけどね(笑)

 

おっと、いかん。酒ブログだった…。失礼。

 

今回、紹介するのはこちらのお酒。

f:id:kimama2016:20180411001837j:plain

f:id:kimama2016:20180411001855j:plain

どんなお酒か?

造るのは、新潟県南魚沼市にある「高千代酒造」さん。

原料米は美山錦。精米歩合65%。

日本酒度+19 、酸度1.5の、辛口純米酒です。

 

f:id:kimama2016:20180411002713j:plain

 

キーワードがいくつか出てきます。

「扁平精米」

「普通精米」は単純に丸く削って行く。

「扁平精米」はコメの形に沿って削って行くので、無駄が少ない。

ただし削るのに時間がかかる。その分、低精白でもそれ以上の酒質を実現できる。

高千代さんは「扁平精米」が特徴ですね。

精米機を導入して、自社で精米しています。

 

「完全発酵」

発酵が止まるまで発酵させる。

糖分を分解し尽くすケースと、アルコールで酵母が死滅するケースがあるらしい。

 

「素濾過」

全く濾過しないのが「無濾過」。

濾過の時に活性炭を使わないのが「素濾過」。

 

簡単に書きました。

詳しく書いてあるサイトは数あるので、そちらをご覧下さい。

(雑でごめんなさい) 

 

テイスティングして見ます。

立ち香はほとんど感じません。

鼻に抜ける「樽」っぽい香りがあります。

 

やや強めのアルコール感と、適度な酸を感じます。

辛いには辛いが旨みもあるので、薄っぺらい感じはありません。

軽く温めると、その辛さをより強く感じます。

飲んでいる時よりも、その余韻に辛みを強く感じますね。

料理と合わせて飲みたいところです。

 

・・・・・

 

こういった特徴のあるお酒は重宝します。

このお酒はあえてメニューに載せていません。

では、どうするのか?

 

お客様   「辛口でおすすめの日本酒はなんですか?」

マスター「いいのがありますよ!」

一升瓶を持って、お客様のところへ。

マスター「新潟の高千代です。プラス19の超辛口ですが、しっかり旨みもあるんです」

お客様    「おいしそうですね!」

マスター「あまり入らないので、メニューに載せてないんです」

お客様    「それ、下さい!」

マスター「はい、喜んで!」

・・・・・

飲食店は一種のアミューズメントです。

特別感を出すことで、家飲みでは味わえないワクワク感を醸したい。

こういった演出はあってしかるべきだと思います。

そういった部分も含めての「飲み屋」。

機械のような対応のチェーン店ではお目にかかれませんが(笑)

注文もタブレットだったりするしね…(苦笑)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。