K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『田中六五』山田錦の「田」んぼの「中」から生まれたお酒。優しい味わいが魅力です。

K’s MENU Note

FILE 159

福岡『田中六五』

 

最近、ちょっと疲れ気味です。

予想以上に店が忙しい(良いことだが)。

まず身体がきつくなる。

で、だんだんメンタルも疲れてくる。

そんな時、どうするか?

 

解消法は人それぞれ。

趣味?買い物?食事?カラオケ?ドライブ…?

 

自分の場合は…。

お酒を買い集めます。

買ったお酒は、店に並べておきます。

 

「それは仕事(仕入れ)なのでは?」

 

確かに…。

そうとも言えます。

でも、新しいお酒に出会うこと。

それが自分にとっては、最大のリフレッシュ。

 

仕事とも言えるが、趣味でもある。

コレクターではないが、いろいろ集めたいとは思う。

自分で飲みたいが、それ以上にお客様に喜んで欲しいと思う。

収益の元ではあるが、そんなに儲からなくてもいいと思う。

そんな「お酒」との関係。

 

趣味と実益を兼ねている、といった感じでしょうか。

ブログのネタにもなりますしね(笑)

 

 

さて、今回のお酒は、ちょっと変わったネーミングの日本酒。

「田中六五」です。

 

f:id:kimama2016:20180222090651j:plain

f:id:kimama2016:20180222090706j:plain

f:id:kimama2016:20180222090722j:plain

 

どんなお酒か?

福岡県糸島市は、全国でも有数の「山田錦」の生産地。

その糸島産山田錦を100%使った、純米生酒。

 

名前の由来は…。

「田中」は蔵元の苗字であるとともに、山田錦の「田んぼの中」に蔵があること。

「六五」は精米歩合65%ということです。

 

「ハネ木搾り」という伝統的な手法で造られます。

ざっくり言えば、大きな木に石をつけて「てこの原理」で搾るやり方。

まろやかに仕上がるようだが、膨大な手間と時間がかかるため、行う蔵はごく僅か。

 

テイスティングして見ます。

優しい香り。

適度な立ち香。

米の風味と、微かな果実感があります。

 

味を見ます。

滑らかで、身体にすぅ~と入っていくような印象。

円やかで雑味がなく綺麗な酒質。

甘さは感じるが、軽やか。

スイスイ飲めて杯が進みます。

 

淡泊な白身魚と合わせたいところ。

福岡なら、ふぐ?でしょうか。

 

日本酒は一期一会。

お酒を買い集めるのは、主にウイスキーなどの蒸留酒

日本酒は「鮮度」の問題があるので、ストック能力以上には買えません。

そして売り切れたらそれで終わり。

基本的に同じものを買うことはしません。

(同じ蔵の違う酒を買うことはあります)

 

その一度きりの出会いを大切に、これからも色々なお酒を味わいたいと思います。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。