K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『秀よし とろとろと』”どぶろく”を思わせるにごり感。「飲みもの」を超越する”とろとろ”さ。

K’s MENU Note

FILE 163

秋田『秀よし 純米酒原酒 とろとろと』

 

GWが明けて急に寒くなりました。

そして天気は荒模様。

タンスにしまい込んだアウターを引っ張り出して…。

夜は思わず熱燗をチビチビ…。

東京で5月に最高気温が15度を下回るのは10年振りとのこと。

「10年振り」か…。

 

そんなに珍しくもないな…。

「観測史上初」とか「何十年振り」なんて話をたびたび聞かされてますからね。

(2日連続で15度を下回ったのは25年振りだそうです)

 

さて、こんな時は日本酒ということで、

甘酒のような日本酒を紹介します。

 

f:id:kimama2016:20180509092340j:plain

 

「えいひれ」を仕入れに行ったお店で偶然見つけて購入しました。

「にごり系」のお酒はマニアのお客様がいるのでよく仕入れますが…。

これはまた一段とスゴい…。

どぶろくか?」と思うほどの白濁感。

 

f:id:kimama2016:20180509092724j:plain

 一升瓶の半分以上がにごり成分。

無色透明の部分はほとんど無し。

どんなお酒なのでしょうか?

 

「秀よし 純米酒原酒 とろとろと」

造りは「純米原酒」で「生貯蔵」。瓶燗による火入れをしています。

使用米は、秋田県産の「めんこいな」。

精米歩合65%。

日本酒度-15。酸度2.0。

アルコール度17度。

粗いザルで濾して上槽したあと、少しずつミキサーにかけて粒の大きいオリをすり潰したとのこと。

これが「練り上げ」の所以でしょうか。

 

f:id:kimama2016:20180509100240j:plain

 

テイスティングして見ます。

甘酒のような香りがします。

冷酒グラスに注ぐと、まるで「飲むヨーグルト」のようなドロッと感。

グラスを傾けても粘度が高くて、ゆっくりと口に落ちていくようです。

「飲む」というより「すする?」イメージです。

 

オリは確かに滑らかですね。

甘酒のように粒々した感じはありません。

細かい粒子が舌の上でちょっとざらつく程度。

 

味も甘酒のように甘くはないです。

-15の日本酒度ながら、高めの酸がうまく味を引き締めています。

 

濃厚ではありますが、見た目ほど飲みづらい印象はありませんね。

ただ…、好き嫌いは分かれそうです。

[大好き 2:8 苦手] くらいでしょうか。

 

自分はというと…。

 

 

……普通のお酒がいいです(失礼)。

 

 

・・・・・

 

しかし、いろいろなお酒があるものですねぇ~。

好きか嫌いかは別として…。

知らないお酒や新しい味に出会えるのはうれしいものです。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。