K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブランカ・メンタ』喉の渇きを潤す一杯。これからの季節におすすめの、薬草系リキュール。

K’s MENU Note

FILE 179

『BRANCA MENTA』

 

昨日、店の中に「クワガタムシ」が居ました。

小さい「コクワガタ」です。

シルエットから、一瞬「ヤツ」かと思いました(汗)

かなり弱っていましたが、一応捕獲して外にリリース。

生き延びられると良いのだが…。

 

どこから入ってきたのかしら?

コクワが侵入できるってことは、「ヤツ」にとってはお茶の子さいさい?

今年はどんなバトルになることやら。

 

そして、今日の東京、最高気温33℃の予報。

梅雨明け?ではないと思いますが、いよいよ夏間近、といったところ。

そんな暑い夏に喉を潤すお酒を紹介します。

 

イタリアのリキュール、

ブランカ・メンタ」です。

f:id:kimama2016:20180625075436j:plain

どんなお酒か?

このリキュールのルーツは「世界で一番苦い」とも言われる「フェルネット・ブランカ。1845年、イタリアのミラノで生まれ、長きにわたり、ビター系ハーブリキュールの代名詞とされてきました。

そのリキュールをベースに、ミントフレーバーを加えて苦みを抑え、爽快な風味に仕上げたもの。

アルコール度数も28%に抑えています。(フェルネット・ブランカ39%

飲み方はソーダ割り」が一般的。

 

以前は両方置いていましたが、フェルネットの方は苦すぎてあまり出ませんでした。

今は「メンタ」のみを置いています。

 

f:id:kimama2016:20180625075456j:plain

f:id:kimama2016:20180625075519j:plain

 

テイスティングして見ます。

ソーダ割りで。

苦みはありますが、奥に甘みがあって、ミントの風味もあり爽やかに飲めます。

これからの不快な季節、一杯目に飲むには最適です。

喉の渇きが収まって、食欲もアップ。

ビールもいいですが、このお酒もおすすめです。

(普通の居酒屋には無いでしょうが…)

 

・・・・・

 

このお酒に出会ったのは、馴染みのBAR。 

kimama2016.hatenablog.jp

 

どうしようもなく暑い夜に、

「とにかく、喉の渇きが収まるお酒をください!」

と言って注文して出てきたのが、このブランカ・メンタのソーダ割り。

それから自分の店でも置くようになりました。

夏場にはちらほらオーダーが入ります。

もちろん、ビールの比ではありませんが…。

 

・・・・・

 

今年は「平成」最後の夏ですね。

はたして、どんな夏になるのでしょうか?

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。