K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『侍士の門』かつて「サムライ」が飲んでいたであろう芋焼酎を復刻しました。

K’s MENU Note

FILE 183

芋焼酎『侍士の門』

 

ワールドカップもベスト8が出そろい、佳境に入ってきました。

日本代表は惜しくもベスト8入りを逃しましたが、世界の強豪を相手に大健闘。

それをたたえ、今回は「サムライ」にちなんだお酒を紹介します。

 

芋焼酎「侍士(さむらい)の門」

f:id:kimama2016:20180706001615j:plain

f:id:kimama2016:20180706001719j:plain

造るのは鹿児島県の大久保酒造さん。 

「旧酎」

坂本龍馬の時代薩摩藩の侍たちが愛飲していたであろう芋焼酎

その再現を試みた一本。

原料の「芋」「米」にこだわっています。

 

「源氏芋」「黄金千貫」

麹米は、当時侍たちが食していたであろう「白玉米」

明治以降、栽培が途絶えていた幻の米を、長い期間をかけて復刻しました。

 

黒麹仕込み。

 

テイスティングして見ます。

フルーティ系のすっきりした香り。

 

ストレートで、口に含むと…、

最初はすっきりとしたフルーティさを感じます。

その後、甘いさつまいもの含み香が漂ってくる。

スイーツのような甘さの、蒸かしたさつまいもの香り。

かなり印象的で、輪郭をはっきり感じます。

だがクセはなく、フルーティで飲みやすい。

黒麹ですが重くは感じません。

 

水で割ってみます。

円やかさがグッと増してトロリとした舌ざわりに。

芋の主張はこちらの方が強く感じます。

 

お湯で割ってみます。

甘みをより感じるが、同時に焼酎感が増してきます。

ストレートの時が一番フルーティに感じました。

温度が下がると、口当たりが柔らかくなり、優しい芋の風味に包まれる。

味的にはこのあたりが一番好みですね。

 

・・・・・

 

「侍たちが飲んでいた芋焼酎の再現」を試みたようだが…。

こんな繊細で上品な芋焼酎を飲んでいたとは到底思えない。

設備も技術も大きく異なる訳で…。

当時使われていたであろう「米」を復刻した、そういう意味合いなのでしょう。

 

・・・・・

 

さて、ワールドカップ。

日本チームの戦いぶりは…。

 

強豪ベルギーとの一戦では立派な「サムライ」でした。

そのサムライたちの試合を振り返りながら…、

今夜は「侍士の門」のお湯割りを頂くとしましょう。

 

 

 

しかし、

 

 

お湯割りは…、

 

 

暑い。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。